次節11月19日(日)のホーム鳥取戦は17時キックオフです。

これは、当日グリスタ周辺(清原工業団地周辺)で宇都宮マラソンが行われることが影響しております。
http://www.utsunomiya-marathon.com/

当日は13時くらいまで周辺で交通規制などありますので、早めに行かれる方は十分ご注意を。



特に鳥取サポさんあたりはレンタカーなどを利用して早く来られる方も多いかもですが、近隣(特にスタジアムから北東方向)にカフェやレストランなどの飲食店も点在しておりますし、スタジアムから車で5分ほどの「道の駅はが」では日帰り温泉も楽しめますので、よろしかったらその辺で時間をつぶしても宜しいかと。

駅近くにももちろん飲食店や餃子屋さんやお店などたくさんありますし、総合ショッピングパークとでもいいましょうか、グリスタから駅方向に向かって車で5分ほどのベルモールという所にも飲食売店ありますし、温泉も映画館もございます。

まあ、そうは言っても折角ですので、昼過ぎまで日光を散策されてもいいかもですね。

因みに日光東照宮からグリスタまでは、混雑していなければ車で1時間ほどの距離です。また、華厳の滝は東照宮からさらに車で30分ほどの山奥にありますのでその辺加味して遠征のご計画を。


さて、前節アウェイ沖縄(琉球)でスコアレスドローで引き分けた栃木SC。

おさるも試合終了後「まだ何も決まってないぞ!」と自分に言い聞かせてはみたものの、やはりショックは大きかったです。

で、翌日秋田と沼津が揃って敗戦したことで順位の変動はなく、逆に栃木SCのみが勝点を伸ばすことになりました。もちろんラッキーなことですし、おさるもこの順位結果にはホッとしましたが、どうしても拭えない気持ちがあって、こういう大事な時期の勝たなければいけない試合に勝てなかったというのは事実としてあるわけです。

今回、順位の変動がなかったのは運がよかったとしかいえないわけで、運なんてものはどうにでも転がるわけですよ。

絶対の保証はない。

『風まかせ』という言葉があるように、『栃木SCに神風が吹いている』などと皆さん騒いでますけど、そんなものあてにならないんです。

だから、今回のドロー(しかもスコアレス)は反省しなくちゃいけないことで、もう残り3つ全部勝たなきゃ優勝できない、昇格できないと。それくらいの危機感を持ってほしいなと思います。選手もサポも。

「運を味方にしてる」などと浮かれていたら、簡単に足元をすくわれ、去年の二の舞になります。実際、今回勝点を伸ばしたとはいえ、次節のたった1試合の結果次第では3位に落ちる可能性もあります。浮かれていい状態ではないですよね。

浮かれずに足元をしっかり見て、優勝するってことはそんな簡単なことじゃないってことを今こそ見つめなおし、残りの3つ戦っていきたいと思います。


そして、危機感を持つと同時に、栃木SCのサポーターには今のこの状況をしっかり楽しんでほしいと思います。

残り3試合になっても優勝争いができるっていうのはごくわずかのチームのみ。今シーズンのJ3で言えばうちと秋田と沼津のみ(数字の上では鹿児島も可能性残してますが、現実的ではない)。その他のほとんどのチームはこういう危機感を感じることもなく、もちろん優勝や昇格の期待もなく、残り3試合を戦っていかなければいけないんです。

ましてや、・・・以前にも似たようなこと書きましたけど、J2やJ1の『降格の可能性のあるチーム』のサポはこういう危機感どころか、場合によってはチームの存続や観客・スポンサー離れを心配するといった違う危機感を感じて過ごさなければいけないわけで・・・まあ、これについては我々が一番よくわかってますよね。J3降格の時は本当に苦しかった。

あの苦しさを知っているからこそ、優勝することの意味も大きくなってるわけですよね。



泣いても笑っても残り3つ。

前節の反省を生かしてしっかり戦い抜き、絶対に優勝しましょう!