1位の秋田と引き分け、その勝点差は4のまま。そしてその秋田が1試合少ないということを考えると実質、勝点差は7と考えていいでしょう。

そして残り試合12試合であることも考慮すると、優勝するためにはもう後がない栃木SC。

アウェイ連戦となりますが、対戦するのは強敵鹿児島ユナイテッドFC。


最低でも勝たなければいけない試合でした。


終わってみればケチャップドバドバ状態の5-1での勝利。

これだけ大差をつけて勝利したのはJ2時代のホーム草津戦(2015年6月6日)以来でしょうか。


実に気持ちの良い結果となりました。

とはいえ、失点したのはいただけないし、守備もヒヤヒヤものでしたよね。

この日CBに入ったメンデス。序盤こそミスも目立ちましたが試合が進むにつれ、なかなかしっかりした守備を見せてくれました。あの高さは非常にいい武器になりますね。


それと一番気になったのは、簡単にボールロストする癖が抜けてないってこと。

鹿児島はボールを奪うとしっかりつなげてシュートで終わる。

栃木SCはボールを奪っても前に放り込むだけで、ネイツペチュニク任せみたいな感じでしたよね。

ネイツペチュニクがしっかりボールを収めてくれるからいいですが、彼へのマークもきつかったですし、『そこはつないでいこうよ』と思うシーンが多々ありました。まあ、簡単につないでいけるほど鹿児島の守備も甘くはないわけでこういった作戦だったんでしょうけど。

とはいえ勝ちは勝ち。

勝って修正する部分があることは大変いいことです。所謂「勝って兜の緒を締めよ」ってことですね。

勝利試合も敗戦試合も結果が全て。リーグは続く。もう次に向けて進んでいかなければ行けません。


ネイツペチュニクもいよいよチームとJ3のサッカーに馴染んできましたし、その決定力は見事なもの。

これからゴール量産してくれることでしょう。

前節の痛い引き分けで優勝が遠のいた栃木SCですが、こういう結果を続けていき、最後の最後に栃木SCにかかわる全員が笑顔でシーズンを終えることができるように。

そして今日もJ3あります。

今日の結果次第では順位に変動はないかもですが、今のところ、暫定の2位。秋田と勝点差1に迫りました。

いつも言ってますが、シーズン終わっての最終順位が重要なのであって今の順位はあまり関係ありません。ちょっとしたことで一喜一憂しないように・・・といっても一喜一憂しちゃのがまたサポーターなわけでw

まあ、サッカーの応援ってそれも面白さの一つでもあるんだなぁと最近思うようになりました。

勝った、負けた、順位に変動があったで大騒ぎする。

そういうサポ仲間の姿を見ていると、こういう日常こそが楽しくもあり、幸せなことなんだなと。


こういうサッカー観戦の面白さを、もっともっと伝えられたらなといつも思います。


サッカー観戦、めちゃめちゃおもしれーぞ。

一回来てみな。

次は9月16日の土曜日。宇都宮市の栃木県グリーンスタジアムでガンバ大阪U23と対戦。

ガンバ大阪の監督はツネ様こと、元日本代表の宮本。

たくさんの方に来ていただいて、栃木SCの勝利を楽しんでほしいなと思います。



いやぁ、それにしても終わってみたらすごい試合だったw

あれだけ押されてて5-1だもんなぁ。

これだからサッカーは面白い。