前節長野戦でシーズンの半分が終了し、シーズン残り最初の試合でした。

ホームFC相模原戦。

試合後のインタビューで監督が『前回より内容は悪かった』とコメントしてますが、内容が悪くても勝てたっていうのは、見方によってはリーグ戦では理想の勝利なんじゃないかなと思うんです。


これが一発勝負のトーナメントとか、1回だけの試合なんかであれば相手を完璧にねじ伏せて、100%の内容で勝利するのが理想です。

しかし、まだシーズン半分のリーグ戦。笑っても泣いても試合は続くわけですから、悪い点や改善点、そういうものが見えた上で、結果は勝利する。

これある意味理想ですよね。


そして反省すべきは反省し、改善すべきは改善していく。

今回の勝利で『栃木SC優勝間違いなし!これからも余裕で勝てるね!』と思った人は殆どいないと思います。

逆に危機感を持った人もいると思います。

今回はそういう勝利だったからこそよかったんじゃないかと感じてます。



次の試合は8月19日(土)のアウェイYS横浜戦。

およそ1か月の中断期間です。

選手もサポも中断期間を利用して休息に務めるか、或いは中断期間あけの為にさらに精進していくか。

様々な取り組み方があると思います。

みなさんはどう過ごされる予定でしょうか。