スズヤスさんのマガジンに負傷した坂田選手に対する他の選手のコメントが記載されてます。

無料記事ですのでどなたでも閲覧できます。

■【コメント】栃木SC 負傷離脱した坂田良太選手へ贈る選手たちのコメント
http://www.targma.jp/tochigi/2017/05/15/post8730/



殆どのサポーターも心配をし、そして一日も早く回復して欲しいと願っていることと思いますが、前節試合後の西谷選手のインタビューや、スズヤスさんのマガジンを読んでも感じたんですが、坂田選手はこれほどまでにみんなに愛されていたんだなと、改めて感じました。

変な話ですけど、これが例えば練習もいい加減で、チームワークもなく、結果も残さない(出場してもやる気がない)ような選手(・・・なんてのは今の栃木SCには皆無ですけど。もちろん。)であれば、ここまで言われなかったと思うんです。

坂田選手だから、みんなここまで心配していると。


あれだけの怪我をしたこと自体は非常に大変な事ですし、ある意味、不幸な出来事だと思います。おさるもグリスタであのシーンを目の当たりにしてから、正直、ずっとネガティブな気持ちでいました。大丈夫かな・・・とか、あんなに頑張って一生懸命に努力していたのにな・・・とかね。

だけど、時間というのは取り戻すことができませんし、怪我しちゃったものはどうしようもないわけで、誰もが『今』この瞬間を生きているわけですから、そういう事を考えたら、もう、ネガティブになっても仕方ないじゃないかと。

ツライ・・・ツライ・・・そう言ってるこの瞬間にも時は流れているわけです。

起こってしまったものはどうしようもなく、今の坂田選手は回復に向けて頑張るしかないんで、不幸な出来事を前向きの力に変えると。前節FC東京U23戦後の監督のインタビューでも『それがあったから最後にゴールが生まれた一面はあると思います。良太に感謝したい気持ちはみんなにあると思います』とあるように、今回の出来事をチームの力に変えようと。彼の不幸を無駄にしないぞという気持ちですね。そういう気持ちを我々サポーターも持つべきだなと。

そんな風に今思っています。


おさるもかつて、ちょうど坂田選手と同じ年齢の頃に大きな事故を起こし、半年近く寝たきりの生活を強いられたことがありました。もう通院しなくていいよと言われるまで・・・要するに完治するまで2年近くもかかった大怪我でしたし、最初の治療時に「最悪、足を切断するか、切断しなくても、まともに歩けなくなる可能性もある」とまで言われる程の怪我をしたんです。

もちろん、おさるの怪我は交通事故ですし、坂田選手の怪我とは意味合いも種類もまったく違いますし、怪我そのものを比較するつもりは全くなく、メンタル的な心配があって・・・。

やはりそういう時ってどうしても焦る気持ちとか、ネガティブになってしまったり、よからぬことを色々と考えちゃうもんです。特に坂田君の場合は悔しさとかもあるでしょうし、これからって時でしたし、やっとつかんだチャンス的な試合での出来事でしたから尚更だと思います。

だから、我々が今回の坂田選手の負傷離脱を・・・もちろん、悲しい事ではありますし、チームの戦力的な意味でも痛手ではありますけど、それでも、それをプラスの力に変えて、起こってしまったものはしゃーないと。坂田君の怪我を無駄にせずに我々奮起して絶対優勝してやるぞと。そういう気持ちになっているんで、坂田君はどうか、焦らず、まあ、多少は無理をせざるを得ない時もあるでしょうが、決して無理し過ぎないで、気持ちは常に前向きに、ポジティブに治療に専念して欲しいなと思います。神様がくれた長期休暇だと思うくらいの気持ちの余裕があった方がいいです。先の不安はその時になってから考えればいい。


前回のエントリにも書きましたけど、坂田君が戻ってくる頃には我々はJ2で上位争いをしているはずなので、そこで復帰して、なんなら昨年の吹田の時みたいに坂田君自身がゴールを決め「良太完全復帰!」っていうシナリオで、試合後にチームメイトやサポーターにもみくちゃにされるような。

そんな復帰を今から楽しみにしてますよ。


↓いいね の代わりにクリックをお願いします。 
    にほんブログ村 サッカーブログ 栃木SCへ 
 にほんブログ村 
↑栃木SCサポブログを盛り上げよう。



今シーズンのJ3。8節も終了しましたので、そろそろ勝点差毎の順位表を記載してみます。

※試合数の少ないクラブもあるので、順位は暫定(左の数字は勝点)


19 秋田(1位)
 ・
 ・
16 栃木SC(2位)
15 富山(3位)
14 長野(4位)
13 福島(5位)
12 鹿児島(6位)
11 沼津(7位)、北九州(8位)、鳥取(9位)
10 盛岡(10位)
 9 相模原(11位)、琉球(12位)
 ・
 7 FC東京U23(13位)
 6 C大阪U23(14位)
 5 藤枝(15位)
 4 YS横浜(16位)
 3 G大阪U23(17位)

見事に混戦状態ですね(^^;

栃木SCと共にここまで負けなしで来ている秋田が一つ抜けている状態ですが、秋田はこれから長野、鹿児島、栃木SC、富山と上位チームとの対戦が続くことになりますので、まだまだわかりません。


そして次節の対戦カードはこうなっております。
※左がホーム。順位は暫定。
栃木SC(2位)  対 福島(5位)

秋田(1位) 対 長野(4位)
富山(3位) 対 YS横浜(16位)

沼津(7位) 対 G大阪U23(17位)
藤枝(15位) 対 北九州(8位)
鳥取(9位) 対 C大阪U23(14位)
盛岡(10位) 対 FC東京U23(13位)
琉球(12位) 対 相模原(11位)
※鹿児島(6位)は試合なし

次節、福島に勝ち、その次の相模原に勝利して秋田と共に一つ抜けるか。

或いは、秋田がここからの上位対決をどういう戦績になるかにもよりますが、我々があと2勝して3連勝となったあたりで秋田を抜いて1位になるといった所でしょうかね。

その次が我々は秋田との対戦ですので、ここで秋田を倒し、引き離しておきたいですね。

・・・まあ、おさる自身が全部勝つことを前提に考えてますので、実際にはそんなに甘くないでしょうし、秋田との対戦で勝利で来てやっと並ぶなんてことも可能性の話をすればあり得ることですけど、ただ、次節のカード見ると(対戦相手のYS某チームさんには申し訳ないですが)、富山はここはキチっと勝利してきそうですので、ここにきて3連敗と調子を落としてきている福島には勝利しておかなければいけません。

その福島との対戦は我々のホーム、栃木県グリーンスタジアムで行われます。

http://www.tochigisc.jp/news/article/00008459.html
日曜日のデーゲームですので、大勢の観客で楽しんで勝利を!


まだあてにならないでしょうけど、一応グリスタの天気予報。
https://weather.yahoo.co.jp/weather/jp/leisure/soccer/9/33046.html
晴れて欲しいですね。


■ビジターサポを見かけたら「こんにちは」運動(仮称)

試合日にユニフォームやTシャツを着てお店等に行った際、対戦相手チームのサポーターを見かけたらこんにちは」「お疲れ様です

と笑顔で声をかけませんか。

お互いに気持ちよく試合を楽しみましょう。


◆今後の栃木SC関連スケジュール。
■5月21日(日)  13:00~
・ J3第9節 栃木SC対福島ユナイテッド(栃木県グリーンスタジアム) 
 
http://www.tochigisc.jp/news/article/00008459.html

■5月28日(日) 13:00~
・J3第10節 SC相模原対栃木SC(相模原ギオンスタジアム)
 
http://www.tochigisc.jp/game/

■6月4日(日) 13:00~
・J3第11節 栃木SC対ブラウブリッツ秋田(栃木県グリーンスタジアム)
 
http://www.tochigisc.jp/game/

■6月11日(日) 13:00~
・J3第12節 グルージャ盛岡対栃木SC(いわぎんスタジアム)
 
http://www.tochigisc.jp/game/

■6月17日(土) 13:00~
・J3第13節 栃木SC対鹿児島ユナイテッド
(栃木県グリーンスタジアム)
 
http://www.tochigisc.jp/game/