先日の栃木トヨタカップ決勝の結果で多くのサポーターが心折れたと言いますか、スズヤスさんの言葉を借りれば「栃木SCへの気持ちがやや途切れ欠けるのをわずかに感じた。」という心境になっているのではと思います。


しかし、泣いても笑っても明日はやってきます。

もう、今週末はリーグ戦再開。

リーグは続いていて、まだ何も決まっていないし、何も終わっていない以上、我々は声援を送るしかありません。

切り替えていきましょう!


次節は好調のアスルクラロ沼津をホームに迎えます。

試合開催情報も公式に掲載されております。

▼ホームゲーム開催情報 2017明治安田生命J3リーグ 第5節 「栃木SC vs アスルクラロ沼津」
http://www.tochigisc.jp/news/article/00008376.html

上記は随時更新されますので、直前にもチェックされることをお勧めします。


さて、沼津は今シーズンJFLから昇格してきたクラブで、開幕戦は行っておりません。

ですので、これまで3試合行ったわけですが、2勝1敗の勝点6で現在6位で、前節はそれまで無敗だった富山を倒すなど、非常に好調です。

DAZNでもチェックしましたが、19番の園田と9番中村が非常にいいなと思いました。ボールキープもできるし、園田は決定力もありますし、要警戒だなと思います。



そして、我々は天皇杯予選敗退し、リーグ戦に集中できることになったわけですが、色々な意味でこの沼津戦がターニングポイントになると思っています。

天皇杯予選も含めて、これまでと同じシステムで同じようなサッカーをして引分け。。。或いは敗戦することになれば、監督の引き出しも限界、選手たちも実力不足ということになってしまいます。

ですから、何らかの修正は必須で、それはシステムなのか、選手の配置なのか、或いはメンタルなのか、それは監督や強化部、或いはクラブ本体の手腕が問われるわけですが、色々な意味で、今シーズンの・・・もっと言えば今後の栃木SCと言っても過言じゃないですよね。今シーズン昇格できなければもうJ2を目指すなんて言えない状態になるのは目に見えてます。

ですから、今後の栃木SCの運命を決める試合になるんじゃないかなと思うんです。


そして、ある意味、サポーターを裏切ることになった天皇杯予選。

そこから信頼を取り戻せるか、さらに信頼を失うことになるのか。


いろんな部分で今シーズンの真価が問われるんじゃないかなと思います。



ちょうど昨シーズンも5試合目あたりから現実路線にシフトし、シンプルなサッカーを行い、勝数を伸ばしました。

今年もそうするのがいいのかどうかはわかりません。去年と同じことをやって同じように勝てるほどサッカーは甘くはありません。


そして、我々サポーターも或いは試されているのかもしれません。

ここで見放し、見限るのか。

或いは、ここが土壇場で正念場だと捉え、多くの観客を呼び、そして熱い声援を送るのか。

どうしたらいいのか、どうするべきか、考えるターニングポイントなのかもしれませんね。


こんな風に、色んなドラマがあるのがまたサッカーなんだなとふと思いました。

そして、それがやがて歴史となり、いつかあんなことがあったねと笑い話にできる日が来るんだろうなと、そんな風に思いました。


↓いいね の代わりにクリックをお願いします。
       にほんブログ村 サッカーブログ 栃木SCへ
 にほんブロ
↑栃木SCサポブログを盛り上げよう。


今シーズン、我々の抱えてる問題の一つに『決定力不足』があげられると思います。

これを解消する一つの手段として『補強』という方法があります。

決定力のある選手を獲得することで、得点力を生み出すと。

そういう意味では手っ取り早いし、実際、今までいろんなクラブがそれを行ってきました。


ただ、おさるは現時点でそれをすべきではないと思っています。

もし、補強行うのであればシーズン前の時点で行うべきで、今シーズンはこのメンバーで行くと決めた以上、決定力に関しては現状の選手がなんとかしなきゃいけない問題だと思うんです。

補強した選手が絶対活躍するという保証はありませんし、当然お金だってかかります。


何より、今の選手たちを見限ることになるわけですよね?

お前らじゃ期待できないから、うまい選手呼んでくるよ。』ということですよね?

もちろん、それによって今の選手たちが奮起する効果も期待できるかもしれません。

ゲームの世界ならそれでもいいと思います。


だけど、おさるはシーズンインの時点でこのメンバーで優勝を目指すと覚悟を決めた以上、今のメンバーを信じて応援するしかないと思うんです。

今の栃木SCの前線にはドリブルがうまかったり、ボールキープできたり、ポストプレーがうまかったり、色んな特徴のある選手がいますけど、彼らがその特徴に加えて、さらに決定力があったらJ3になんかいないと思うんです。

だから、そこを栃木SCが伸ばし、J2、或いはJ1で通用する選手に育て、そしてクラブも同時に上のカテゴリに行くのが理想だと思っています。

今の選手達が明らかに手を抜いているのならともかく、あれだけ必死に何とかしようともがき苦しんでいるのを見ていると、見限ることはできないなというのが、おさる個人の現時点での考えです。

いいかわるいか、正しいか正しくないかとかそういうことではありませんので。あしからず。


■ビジターサポを見かけたら「こんにちは」運動(仮称)

試合日にユニフォームやTシャツを着てお店等に行った際、対戦相手チームのサポーターを見かけたらこんにちは」「お疲れ様です
と笑顔で声をかけませんか。

お互いに気持ちよく試合を楽しみましょう。


◆今後の栃木SC関連スケジュール。
■4月16日(日)13:00~
・J3第5節 栃木SC対アスルクラロ沼津(栃木県グリーンスタジアム)
 http://www.tochigisc.jp/news/article/00008376.html

■4月29日(土・祝)  14:00~
・ J3第6節 セレッソ大阪U23対栃木SC(ヤンマースタジアム長居)        
 http://www.tochigisc.jp/game/

■5月7日(日)  13:00~
・ J3第7節 栃木SC対ギラヴァンツ北九州(栃木県グリーンスタジアム)        
 http://www.tochigisc.jp/game/

■5月13日(土)  14:00~
・ J3第8節 FC東京U23対栃木SC(味の素フィールド西が丘)        
 http://www.tochigisc.jp/game/ 

■5月21日(日)  13:00~
・ J3第9節 栃木SC対福島ユナイテッド(栃木県グリーンスタジアム)        
 http://www.tochigisc.jp/game/