◆試合結果

栃木SC 0 - 2 ツエーゲン金沢
(前半)0 - 1
(後半)0 - 1


【得点者】
34分 中美慶哉(金沢)
69分 中美慶哉(金沢)


【交代(栃木のみ)】
56分 廣瀬浩二 → ジャーンモーゼル
79分 菅和範 → 佐々木勇人
71分 宮崎泰右(退場)
82分 西谷和希 → リカルドロボ


【会場】
富山県総合運動公園陸上競技場


【入場者数】
7,130人


◆ハイライト動画



試合の入りは悪くなかったと思います。

ただ、こういう種類の試合だったと言ってしまえばそれまでですが、ボールを奪えても慎重に行き過ぎた感は否めません。

慎重に行き過ぎて後ろでボールを回している間、金沢にボールを奪われるって言うね。

それでも我々が今シーズンできていた守備は健在で、前半は危険なシーンもあまりなかったかと思います。

こう着状態が続いていましたが、前半34分に中美にPKを与えて決められてしまう。

このシーン、帰ってから何度も録画を見ましたけど、中美のファウルの取られ方がうますぎるし、あそこで笛を吹けた主審にもリスペクトしたい。あれは仕方のないシーン。


しかし、これで1点ビハインドになった栃木SC。

後半に入ってすぐに全体の守備バランスを崩してでも攻撃的に行かざるをえなくなり、ジャーン、そしてサイドに佐々木を投入。前への推進力のある宮崎、西谷を残したいが為に、宮崎をサイドバックに、菅ちゃんを下げてしまう。

もう、後半はこれで全体のバランス完全に崩れちゃいましたよね。

お蔭で流れからも失点してしまう。

そして、宮崎の一発レッド。

これも録画を何度も観ましたけど、そもそもあれって中美のオフサイドじゃなかった?現地で見ててもあれ?って思ったんですけど、誰かいたのかな?

まあ、このシーンも中美のファウルの取られ方うまいよね。

そういう意味でも相手が上だったってことかな。

最後にロボ投入して打開を図りますが、もうどうにもならず。結局0-2で試合終了。

金沢に完敗する結果となり、J2復帰も逃してしまいました。



おさるは最後の笛が鳴るまで当然逆転を信じて応援してました。

最後まで信じてあげられるのもサポーター』と思っておりますから、『まだやれる!』『大丈夫だ!』と思って最後まであきらめることなく応援していましたから、試合終了のホイッスルが鳴った時に喪失感半端なかったですね。


おさるはメインスタンドでしたので、金沢サポや栃木サポ入り混じる中で観戦してましたけど、試合終了のホイッスルが鳴って、周りの金沢サポの歓喜の中で呆然とするしかなかったです。

栃木SCサポからはブーイングや怒号。拍手するもの、泣きはらす者、本当に人それぞれでした。

そしてピッチで倒れ込む選手、泣き出す選手があり、金沢サポの歓喜。

…そういう風景を見ていて、今シーズンの色んなことが走馬灯のようによみがえっては『あんなに頑張って応援してたのにな・・・』と思ったのが率直な気持ちでした。


当然、悔しさや悲しさも感じましたけど、どうすることもできなかったですよね。

選手たちはみんな頑張ってました。

監督やスタッフも持てる力を最大限に出して頑張ってくれた。

サポ仲間もみんな頑張って最後まで応援していた。

栃木SCのフロント、スタッフ、みんなできることを最大限に頑張ってたと思います。

そういうのを1年間みてきたので、誰を責めることもできなかったです。

気持ちのぶつけ所がなかった。


優勝がかかったシーズン終盤のプレッシャーがかかる中で大分は連勝でき、我々は勝てなくなった。

そして入れ替え戦に挑み、内容はともかくとしてしっかり勝ちきれた金沢と、1得点もできなかった我々。

こういう土壇場で勝てないのは『我々にはその力がなかった』というしかないよね。どんなに頑張ったかもしれないけど、他チームと比較して力が劣っていたということ。


そしてこの入れ替え戦の第2戦。

金沢ホームとは言え、隣県の富山県開催で7000人の動員。

今シーズン、降格の危機にあったチームに対して隣県でこれだけの人を集めることができた。

カテゴリは下とは言え、優勝争いをして盛り上がっていたはずの栃木SCのホーム戦では5000人程度。

もっと言えば、昨シーズンのJ2時代、降格の危機があったホーム最終戦の大事な試合で(天気が悪かったとは言え)4000人程度しか集められなかった。

ここもサポも含めた栃木SCの力不足。


いろんな部分でみんな誰しも頑張っていたし、努力していたけれど、1年でJ2復帰するっていうほどの力が足りてなかったって事がこの結果かなと思う。


帰りの車の中で『J2復帰できなかったことを誰かのせいにするのは簡単な事だけど、自分自身、サポーターとして何ができていたか、何が足りていなかったのかを深く考えなくてはいけない』と思いながら帰ってきました。

反省しなければ成長はないですから、まずは自分の反省から始めなきゃなと。


いいねの代わりにクリックをお願いします。
       にほんブログ村 サッカーブログ 栃木SCへ
 にほんブログ村
↑栃木SCサポブログを盛り上げよう。



今シーズンの結果として栃木SCはJ3リーグの2位となりました。

そして、J2昇格はなりませんでした。


その結果を持って、昨日は思いっきり悔しがって、なかなか気持ちの切り替えできなくてうじうじしてましたけど、一夜明けて自分の中で整理つけました。


来年もJ3で戦う事が決定し、そういう意味では昨年と似た状況ですが、昨年と大きく違うのは今シーズンは非常に楽しめたなと。

今シーズンは最終戦まで優勝争いをし、そして入れ替え戦に進んだ。


シーズン開始直後は躓いて、あの頃は既にシーズンを諦める声もあちこちで聞きました。

終わってれば、優勝、或いは昇格できる可能性があった一方で、シーズン開始直後の躓きを考えたら、優勝争いはおろか、入れ替え戦進出さえもできない・・・という可能性もあったわけです。


だから、それを考えると、非常に充実したシーズンでしたし、最後まで楽しむことができたということは栃木SCに感謝したいなと思いました。


選手や監督、スタッフ、フロント。

結果として1年でJ2復帰できなかった結果を見れば『力不足』は否めませんが、それぞれに頑張ってくださって少しずつ良くなっているなと感じることができましたし、みなさんの努力のおかげで楽しいシーズンになりました。

ありがとうございました。



そして、サポ仲間のみんな。

今シーズンから親しくさせて頂いた人もいらっしゃいますけども、毎回ホームでもアウェイでも『おさるさん!』と声をかけて頂いたり、時には一緒にアウェイ遠征楽しんだり、楽しく充実したシーズンを過ごせたのも、皆さんがいたからです。

本当に感謝でいっぱいです。ありがとう。


そして、当ブログを読んでくださる皆さんにも当然感謝です。

今シーズンは実況チャットという試みをリーグの全試合を通じてやってみましたけど、まあ、後から見ればもっとこうすればよかったという事は沢山ありますけど、利用してくださった皆さんがいたから最後までやれました。

チャットもブログも読んでくださる方がいるからできることで、スタジアムでも『おさるさんのブログ楽しみにしてますよ』と言っていただけるとすごく励みになります。

ありがとうございました。

尚、来シーズンはJ3もDAZN(ダ・ゾーン)がありますし、チャット利用したい方もいらっしゃるかもですが、おさるの方では実況チャットは行いません。今シーズン限定のものとなりました。ご了承ください。


本当であればJ2復帰して、来年は名古屋行くぞーとか言いながらシーズン終えたかったんですが、こればっかりは仕方ないですね。栃木弁で言えば『そこまでの力がなかったんだからしゃーあんめ。』ってことです。



来シーズンの栃木SCは資金の都合で今年程お金をかけることはできない(そもそも1年で復帰する為に単年赤字覚悟のギャンブルシーズンだった)し、今いる選手の主力の殆どは放出せざるを得ないでしょう。

新規加入選手も高い選手は殆ど不可能だと思いますし、今シーズンのように優勝争いするわけには行かなくなるかもです。(こればっかりはやってみないと分かりませんけど)

そうなると、折角、今シーズン盛り上がったのに、サポもまた減っちゃうのかな・・・と思うと悲しいですけど、おさる自身は来年も今年以上に楽しんで応援出来たらいいなと思っています。



今シーズンは試合数も少ないこともあっておさるは全てのホーム、全てのアウェイ行けました。

J2時代から(JFL時代から)全て行ってる方なんかから見たらたいしたことではないですが、おさる自身はめちゃめちゃ達成感あって、自分で自分を褒めたいと思っていますw

いや、本当に全部行くの結構大変だったんだからw

まあ、来年はここまでは無理ですが、近場のアウェイや遠地も1ヵ所くらいは行けたらいいなと思っています。


そして来年はゴンちゃんとの対決もありますね。

あと、長野には負けっぱなしだったし、盛岡にも結局決着がつかなかったのでリベンジしなきゃですよね。

そういう事も楽しみにしています。


今週末にファン感謝会がありますが、おさるはその前に毎年ご厚意で招待して頂いているシーズン報告会がありますので、そこで選手やスタッフに感謝を告げたいと思っていますし、可能な範囲でその様子もブログでアップできたらなと思っています。

◆今後の栃木SC関連スケジュール

・12月11日(日)13:30~
 2016栃木SCファン感謝会
 場所:宇都宮市バンバ市民広場
http://www.tochigisc.jp/news/article/00008061.html