先日、面白い夢を見ました。


それは次の富山で行われる入れ替え戦第2戦の様子。

まあ、細かい話は割愛しますけど、試合が始まってすぐに失点するんです。

これで0対1。

阿鼻叫喚ですね。

まだまだ大丈夫!あきらめるな!』という人。

ああ、もうこれで終わった。』という人。

そんな状況でハーフタイムを迎える。    
   
第1戦で負け、この試合でも先制され。

絶望という見方もあるかもわかりません。


で、後半。

後半の途中で得たコーナーキックから1点を返す。これで1対1。

もちろん、このままでは金沢の残留が決まってしまう。

しかし金沢も必死。

こう着状態のまま時間だけが過ぎ、もう試合終了直前。

このタイミングにゴール前の混戦からミドルで押し込んで逆転に成功。

これで2対1に。

栃木SCサポは大騒ぎ。

さっきまで楽勝ムードだった金沢サポは対照的に静まり返る。

そして、すぐに試合終了のホイッスルが鳴り、2対1で試合終了。


・・・しつこいようですが、こういう夢を見たってだけの話であって、予想とかそういう事じゃないですよ。




ただね。

もし万が一、この通りになったとしたら逆転昇格決定なんです。


第1戦が0対1。第2戦が2対1。

トータルで2対2の引分け。

得失点差も同じ。

そうするとレギュレーションではアウェイゴール数の多い方が勝ちとなりますので、金沢が1、栃木が2なので栃木の勝利と。


今回は夢の中での話ですけど、実際こういう展開ってあり得ない話でもないですよね。

今シーズン先制されてから追いついたなんて何度もあるし、逆転も経験してる。


要するに、次の試合、万が一先制されたとしても、十分逆転昇格の可能性が残るわけで、それを考えると、確かに第1戦敗戦したこと自体は不利かもしれませんけど、絶望になるほど不利じゃないんですよ。


例えば栃木SCが先制したものの、追加点が奪えず1-0のままで試合が終わる。

これでも延長突入ですから可能性は十分残る。


ましてや会場は我々が今シーズンカターレと戦って勝利した富山県総合運動公園陸上競技場。

金沢は隣県とは言え、富山ではしばらく試合してませんよね。

そういう事も我々にとっては有利。



もちろん、どうなるかなんて終わってみなければわかりません。

金沢だってJ3降格したくない。

意地でも残留したい。

意地と意地のぶつかり合いですし、大きな戦力差のないチーム同士の戦いですから、客観的にみてもどっちが勝つかなんてわからない。

ただ、ひとつ言えるのは第1戦を0-1で敗戦したことはそんなに悲観するような事じゃないんだよと。



そして、選手が最後まで昇格(というか復帰ですね)を目指して頑張っている以上、我々はそれを応援する"義務"があるとさえおさるは思っています。


昨年降格が決まったあの瞬間の悲劇、悔しさ、悲しさ。

あの瞬間から我々はここまで這い上がってきた。

その集大成の試合、あと半分の90分あるんです。

半分やって先制されたくらいでダメだとあきらめて応援を放棄しちゃいけない。

何の為にここまで応援してきたのか。


試合途中であきらめて帰る選手なんかどこにもいない。

だから我々も12番目の選手ならば、最後まで戦わなくちゃいけない。

そういう意味でも最後まで応援する義務があるとおさるは思うんです。



いいねの代わりにクリックをお願いします。
       にほんブログ村 サッカーブログ 栃木SCへ
 にほんブログ村
↑栃木SCサポブログを盛り上げよう。




例えばヨチヨチ歩きの赤ん坊がつかまり立ちをし、2〜3歩歩き出したとする。

もちろん簡単になんか歩けないし、すぐに座り込んでしまう。

・・・皆さんが親だとして、それを見てどう反応しますか?


殆どの方は『すごいね~』『もうちょっとだね~』『頑張ったね〜』というような反応を示すと思います。

何やってんだよ!ちゃんと歩けよ!』と叱り飛ばす親など皆無かと思います。
   
歩こうとチャレンジした姿勢を褒めこそすれ、怒る人はいないと思うんです。



赤ん坊じゃなくてもいいです。

皆さんのご家族や友人、仲間が何かにチャレンジして失敗する。

受験に失敗した。

恋愛に失敗した。

就職に失敗した。

チャレンジに失敗はつきものです。

そして何度もチャンスがあるなら、励まし、次頑張れと応援する。

そういうもんですよね。


サッカーでも同じことが言えると思うんです。

シュート失敗した。

パスミスをした。

よく、そこでため息やヤジが聞こえますが、ピッチの選手も聞こえてないわけありません。

何故チャレンジしたことを褒めないのか。

まだチャンスがあるなら、何故次頑張れと言えないのか。



例えば、我々は前回敗戦しました。

チャンスはまだあるわけです。

ですから、チャレンジしたことを褒め、次頑張れと言うのが応援だと思うんです。



ヤジがいいとか悪いとかそういう話はどうでもいいです。

ただ、おさるは赤子がチャレンジして失敗したことを責めたりしないし、それは成人でも同様、失敗したことは責めないし、むしろチャレンジしたことを褒め、次のチャンスで頑張れと励まします。

応援するってそういう事じゃない?



シュート失敗し『あ~あ』というため息がよく聞こえますが、おさるはそれをかき消すくらいに拍手をします。

だってチャレンジしたんだもの。

おさるが選手だったら『あ~あ』と聞こえたり『何やってんだ』と野次を飛ばさたら、『シュートしなきゃよかったな』って思うんじゃないかな。チャレンジしたことを認められないなんて悔しいし。

そりゃ初めからシュートもパスも成功するに越したことはない。

だけど、ミスのあるスポーツの中で全てを完璧になんてできない。

それは例えメッシであろうと、クリスティアーノロナウドであろうと、ネイマールであろうと同様。誰だって失敗しますよ。

だから、おさるは『うわー惜しい』とは思っても怒ったりはできないし、むしろチャレンジしたことを『すげーな』と思い、拍手を送りますよ。『その調子でいけ』とね。

それが応援するということじゃないかな。



選手たちは前回チャレンジして敗戦しました。

けれど、まだチャンスがなくなったわけじゃない。

ならば、惜しい、よくやった。次は勝とう!という気持ちでいますよ。

それが応援することだと思うから。



現時点の富山の天気予報。試合当日が雨になりました。

・富山県総合運動公園陸上競技場の天気
http://weather.yahoo.co.jp/weather/jp/leisure/soccer/16/33061.html

まだどうなるかわかりませんが、非常に冷えると予想されますので、現地行かれる方は、前節同様、しっかりとした防寒対策を。


◆次節のリンクまとめ

・【J2・J3入替戦】第2戦(ツエーゲンホーム試合)チケット販売について
http://www.zweigen-kanazawa.jp/Contents/news/%e3%80%90j2%e3%83%bbj3%e5%85%a5%e6%9b%bf%e6%88%a6%e3%80%91%e7%ac%ac2%e6%88%a6%ef%bc%88%e3%83%84%e3%82%a8%e3%83%bc%e3%82%b2%e3%83%b3%e3%83%9b%e3%83%bc%e3%83%a0%e8%a9%a6%e5%90%88%ef%bc%89%e3%83%81/

・12/4(日) J2・J3入れ替え戦 第2戦【アクセス情報】
http://www.zweigen-kanazawa.jp/Contents/game/124%e6%97%a5-j2%e3%83%bbj3%e5%85%a5%e3%82%8c%e6%9b%bf%e3%81%88%e6%88%a6-%e7%ac%ac2%e6%88%a6%e3%80%90%e3%82%a2%e3%82%af%e3%82%bb%e3%82%b9%e6%83%85%e5%a0%b1%e3%80%91/

・富山県総合運動公園陸上競技場の天気
http://weather.yahoo.co.jp/weather/jp/leisure/soccer/16/33061.html

・パブリックビューイング開催のお知らせ。
http://www.tochigisc.jp/news/article/00008077.html
   

◆今後の栃木SC関連スケジュール     

・12月4日(日)12:30キックオフ
 J2・J3入れ替え戦第2戦
 ツエーゲン金沢対栃木SC
 場所:富山県総合運動公園陸上競技場

・12月11日(日)13:30~
 2016栃木SCファン感謝会
 場所:宇都宮市バンバ市民広場
http://www.tochigisc.jp/news/article/00008061.html