通常、剣道の試合というのは竹刀を使って行われます。

剣道には段位もあって、武道館で行われる日本一を決める大きな大会(全日本選手権)もあります。


何となくイメージとして、サッカーでいう通常のリーグ戦(天皇杯などのトーナメント戦でもいいですけど)が通常の剣道のイメージで、今回、我々が行う入れ替え戦というのは、日本刀を使う、文字通り"真剣勝負"なんじゃないかなと。

・・・もちろん、通常のリーグ戦を真剣にやっていないという意味ではありません。

剣道も例え竹刀で行っていても、全日本選手権なんかは真剣に戦っているように、サッカーも公式戦である以上は皆真剣に戦っています。

ただ、竹刀で叩かれても大きな怪我にならないように、通常のリーグ戦で1回負けた所で即終わりという事はないじゃないですか。


だけど、日本刀(真剣)で勝負した場合、切られたら大きな怪我になったり、場合によっては死に至ることもありますよね。

同様に、入れ替え戦というのは一発勝負(厳密にはホーム&アウェイの2試合ですが)で、負けたら下のカテゴリ。勝てば上のカテゴリになるっていう、まさに生きるか死ぬか。勝てば天国負ければ地獄の勝負じゃないですか。

だからイメージとして、日本刀で切り合う"真剣勝負"みたいな。

これから我々が戦う2試合っていうのはそういう試合なんじゃないかなと思うんです。

・・・中には、『別に入れ替え戦だめだったら来年またJ3で頑張ればいいじゃないか』という意見もあるでしょう。

だけど、我々には来年再びJ3で優勝争いできる余裕などありません。

現在、支援いただいているスポンサーの多くは1年の猶予で支援して頂いている所が殆どですし、集客もあれだけ頑張ってもJ2時代のようには行きませんでした。そしてJリーグの来季の均等分配金はJ1で3億5000円、J2は1億5000万円、J3は3000万円です。

スポンサーも離れ、動員の見込みもなく、Jリーグからの分配金もJ2の1/5程度。

収入がなければ、今頑張って活躍している選手たちを雇う余裕などありません。殆どの中心選手は放出となるでしょう。

下手するとチームの存続そのものも怪しくなります。


だから、誇張でもなんでもなく、まさに入れ替え戦というのは、我々にとっては『生きるか死ぬか』の土壇場なんです。



だからこそ、今シーズンは優勝にこだわって頑張ってきました。

おさるも正直言って入れ替え戦には進みたくない、何が何でも優勝してJ2に復帰する!との思いで今シーズン応援してきましたけど、まあ、シーズン終盤の大事な試合で勝ちきる力が大分にはあり、栃木SCにはなかったという事ですよね。長野戦での敗戦や最終節盛岡戦での引き分けがそれを物語っていると思います。

だから、2位になってしまったものは仕方ない。

チャンスはまだあるわけです。

次の2試合が真の意味で土壇場であり、正念場であり、真剣で切り合う剣術と同じく、真剣勝負の場所になるわけです。

負けたらJ3っていう話ではなくて、チームが生き残れるかどうかくらいのレベルの話。


今はそういう試合を行う事への不安や期待でいっぱいですが、逆にこういう経験はなかなかできないんだと。真の意味での"負けたら一巻の終わり"という真剣勝負は経験したくてもなかなかできないんだということを肝に銘じ、それを楽しむ気持ちを持ちたいなと思っております。


戦うってそういう事だよね。

負けてもまあ、次勝てばいいやっていう甘いもんじゃない。

負けたらそれで終わり。

それは選手だけじゃない。

我々サポーターの人生そのものにも大きな影響を及ぼす真剣勝負。

ゾクゾクっとしませんか?


いいねの代わりにクリックをお願いします。
       にほんブログ村 サッカーブログ 栃木SCへ    
 にほんブログ村 
↑栃木SCサポブログを盛り上げよう。

J2とJ3では試合数も違いますし、対戦相手も異なりますので一概に比較はできませんが、栃木SCと金沢の今シーズンのサマリーをチェックした所、面白い傾向が見えてきました。


栃木SCは失点数が少なく、リーグで一番失点の少ない20失点。失点パターンはセットプレーからの失点が多い。また得点数は38点でリーグ7位タイ。得点パターンもセットプレーが多く、次いでクロスまたはショートパスからの得点が多い。

金沢の方は失点は60失点(リーグ7位の失点数)で失点パターンはクロスからの失点が多い。得点は36点でリーグで一番得点が少ない。得点パターンはセットプレーからの得点が殆どを占めています。

カギはセットプレーでしょうか。

相手にセットプレーを与えない。

逆に我々は相手のエリアで積極的に仕掛けることでセットプレーを生み、そこから得点を奪うと。


それに、データで見ると金沢は決定力がなく、得点もセットプレーが殆どですので、堅守栃木SCとしては非常に守りやすいのではないでしょうか。初戦、例え引き分けでも無失点で終えれば、次のアウェイは非常に有利になりますし、アウェイとは言え、富山のスタジアムで行うという事で、いわば中立地開催みたいな感じですもんね。

ですから、いろんな意味でも栃木SCに追い風が吹いていると思います。

まずは真剣勝負の第1戦。

11月27日(日)栃木県グリーンスタジアムで12:30キックオフです。


◆次節のリンクまとめ

・栃木SC公式試合開催情報
http://www.tochigisc.jp/news/article/00008063.html

・栃木県グリーンスタジアムの天気
http://weather.yahoo.co.jp/weather/jp/leisure/soccer/9/33046.html


・当ブログのグリーンスタジアム案内
http://osaru.blog.jp/archives/55453941.html


◆今後の栃木SC関連スケジュール     

・11月27日(日) 12:30キックオフ
 J2・J3入れ替え戦第1戦
 栃木SC対ツエーゲン金沢
  場所:栃木県グリーンスタジアム
http://www.tochigisc.jp/news/article/00008063.html

・12月4日(日)12:30キックオフ
 J2・J3入れ替え戦第2戦
 ツエーゲン金沢対栃木SC
 場所:富山県総合運動公園陸上競技場

・12月11日(日)13:30~
 2016栃木SCファン感謝会
 場所:宇都宮市バンバ市民広場
http://www.tochigisc.jp/news/article/00008061.html