◆試合結果

栃木SC 1 - 1 藤枝MYFC
 (前半)1 - 0
 (後半)0 - 1


【得点者】
18分 広瀬健太(栃木)
77分 福王忠世(藤枝)

【交代(栃木のみ)】
52分 上形洋介 → 宮崎泰右
73分 廣瀬浩二 → 本間勲
85分 西谷和希 → 佐々木勇人

【会場】
エコパスタジアム

【入場者数】
1,694人


◆ハイライト動画




考えてみたらおさるも栃木SCを応援するようになって20年以上(と言っても本格的に応援しだしてからは10年くらいですが)経ちますけれども、なかなかの距離感のあるアウェイにこれだけのサポが集まるってのも恐らくなかったんじゃないかなと。

水戸や前橋、或いはJFL時代の武蔵野とか高崎の浜川とかの近地と遜色ないくらいの人数が集まったんじゃないかなと思います。正確な人数はわかりませんけど、少なくとも1000人は見積もってもいいんじゃないかな。


J3というカテゴリがテレビ放送もなく、ネットで速報知ることはできても細かい情報が手に入らないという事も影響しているかもしれませんが(その為におさるも実況チャットをやってるわけですけど)、おさるは沢山のサポがなかなかの距離のある遠地にまで応援に駆けつけるっていうのは、それくらい『栃木SCの応援』というものの楽しさが浸透したんじゃないかなと感じました。

応援の楽しさっていうのは、応援そのものもありますけど、付随する様々なもの・・・アウェイの観光だったり、仲間との交流、或いは家族や友人とのコミュニケーションのひとつだったり、色んな楽しさをみんながそれぞれに楽しみたいと。栃木SCを通じて出会ったそういう『楽しみ』っていうものを感じているからじゃないかなと。


ですから、おさるが普段、栃木SCの観戦を呼びかけるっていうのは、もちろん、観客数の増加によってクラブ収入や規模の成長を期待しているのが一番の理由ですけど、こんなに楽しい世界があるんだよってことを沢山の人に知って欲しいなっていう気持ちもあります。


勿論、アウェイに行かないから楽しんでないとは言いません。みんなそれぞれにそれぞれの事情がありますし、行きたくても行けない方が沢山いらっしゃると思います。サッカーの楽しみ方って言うのはアウェイに行くだけじゃないですしね。


というわけで、アウェイ藤枝戦の会場、エコパ。

おさるは初めて訪れましたけど、このくらいの動員(1694人)だと、駐車場の感じも含めてちょうどいい感じだなと思います。スタジアムは非常に大きいですし、外から見てもインパクトありました。さすがワールドカップの試合を行ったスタジアムだなと。


惜しむらくは陸上兼用スタジアムだったのが実に惜しい。

今回メインスタンドで観戦でしたけど(というか、メインスタンドのみ開放でした)、バックスタンド側での攻防だと、なにやってるかよくわからないし、栃木の選手であっても誰なのか把握しづらかったんですよね。やはり、サッカーをやるんですから、サッカー専用であるべきと思います。ちゃんとリンスしてくれるシャンプーであっても、シャンプーしてからリンスした方がいいに決まってます。


試合は全体的に、積極的にプレスに行き、奪ったボールをシンプルに前に繋ぐ藤枝に対し、守備ブロックを形成してしっかり守ってカウンターの栃木っていう図式でした。

特に前半は藤枝にスルーパス通される形が何度かあってヒヤリとしなくもなかったんですが、まあ、全体的に守備は安定していたんじゃないですかね。オモさんや菅ちゃん、健太のミスもあるにはありましたけどね(^^;


失点シーンは、これはもう、今シーズンの栃木SCのウィークポイントなのかな。

ゴール前で揺さぶられてマークはがされて、上がったボールをフリーの選手に決められるって言う。

よく「寄せが甘い」って言いますけど、その前のプレーで揺さぶられてはがされちゃってたり、スペースあけられたりしてるんですよね。


それと、藤枝の方で気になったのが後半、藤枝にしてみれば1点ビハインドの状況で、前の選手は得点したくて前がかりに、後ろの選手は栃木のロングボールを警戒して引き気味に。そんな感じで中盤にスペースがあいてたんで、そこをもうちょっと有効に使えなかったかなと。まあ、藤枝のプレスが早いってのもありますけど、なんか、嫌がってロングボールになったり、サイドに預けて突破を試みたりする場面がやや多かったような印象。


とは言え、全体的に悪い印象はなかったです。

おさるは大石君の活躍を期待していたし、『活躍するような気がしますよ』なんて書いたので、特に今回は注目して観てましたけど、もっとエゴを出してもよかったんじゃないかなと思いました。

サッカーは団体競技ですから、チームプレーが非常に重要ではありますけども、あまりに周りを生かそうとし過ぎてなかったかなと。藤枝側も大石の怖さをよく知っているだけに、きついマークをしてきたことも影響してるとは思いますが、シュートできる場面でもパスしちゃうシーンが何度かあったんでね。彼は決定力のある選手だけに、もうちょっとエゴむき出して『俺が決めるから俺によこせ!』くらいの感じがあってもよかったんじゃないですかね。


あと、メンバーに関して、個人的には両サイドは佐々木と宮崎で最初から観てみたいな。廣瀬と西谷が悪いわけじゃないです。今回も非常によかったですけど、佐々木と宮崎で最初からテクニカルに攻めて相手を消耗させて、後半スピードのある西谷や、献身的に走り回り決定力もある廣瀬の投入っていうのも観てみたい気がしました。


それから、あまり言いたくないですけど、主審はもうちょっとレベルアップして欲しいなと思います。これがJ3なんでしょうけど。


いいねのかわりにクリックをお願いします。
     にほんブログ村 サッカーブログ 栃木SCへ            
 にほんブログ村       
↑栃木SCサポブログを盛りよう!    


今節は2位の大分と3位の鹿児島。ついでに言えば5位富山、6位秋田が勝利しました。

結果、順位はこうなりました。
26

ピンクが優勝の可能性を残しているチーム。水色が2位の可能性を残しているチーム。
無色は2位以上の可能性がなくなったチームです。
※勝点差のみで算出。得失点差や今後の対戦カードは考慮していません。    

色々な捉え方がありますが、1位であるのには変わりありません。

そして、例えば前節、上位3チームは絶対負けられない中で大分は敗戦し、栃木、鹿児島は勝利しました。

今節も上位3チームは絶対負けられない中で栃木は引分けで、大分、鹿児島は勝利しました。

大分よりはいいと思いません?


上位3チームの残り4試合の対戦カード。
26C


残り大分、鹿児島が全勝しても、我々は3勝1分で優勝決定です。または、勝点差で大分、鹿児島に勝る必要はありますが、3勝1敗でも優勝の可能性はあります。

勿論、大分、鹿児島が引分けか敗戦すれば、我々にとっては有利になりますが、まあ、大分、鹿児島の戦績如何に限らず、3勝1分け以上の成績・・・できれば残り4勝で優勝決めたいなと思いますね。

相性のいい富山・鳥取。2節アウェイでのリベンジを果たさなきゃいけない長野。9節ホームで決着がつかなかった盛岡にきっちり勝利し、最後にみんなで笑いましょう!。

…まぁ、おさるも含めて何人かは泣いてそうですけどw

◆今後の栃木SC関連スケジュール

・10月30日(日)13:00キックオフ
 J3第27節
 栃木SC対カターレ富山
  場所:栃木県グリーンスタジアム
http://www.tochigisc.jp/news/article/00007974.html

・11月5日(土)13:00キックオフ
 J3第28節
 ガイナーレ鳥取対栃木SC
  場所:とりぎんバードスタジアム

・11月13日(日)13:00キックオフ
 J3第29節
 栃木SC対AC長野パルセイロ
  場所:栃木県グリーンスタジアム

・11月20日(日)13:00キックオフ
 J3第30節
 グルージャ盛岡対栃木SC
  場所:いわぎんスタジアム