1-1の引き分けに終わったアウェイ琉球戦。

実況チャット一つ訂正があります。

1-1の同点後。ノーゴールの判定になったのはチャットでは『オフサイド』と言いましたが、ロボのハンドの判定でした。訂正してお詫びいたします。

それから、おさるは当初の予定通り月曜の早朝便で帰ってこれましたが、いまだ台風の影響で現地に残っている仲間が大勢います。台風の被害も心配ですし、無事に栃木に帰ってきてほしいと思います。どうぞ、お気をつけてください。



さて、まずは琉球戦ハイライト動画を。


このハイライト動画とスタッツだけを見て色々とコメントされてる方も多いですが、実際の試合を観たおさるとしてはそういう試合じゃなかったと思います。全体を通して出来が悪かったわけではなかったです。ただ、点が入る感じもなかなかしなかったなと感じましたけど。


おさるが見ていて感じたポイント。

・立ち上がりは非常によかった。
前半10分くらいまでは完全に栃木SCのペースでした。例えばホーム藤枝戦でみたような、完全に支配していたし、これは行ける!と感じられる流れでしたね。

ただ、この時間帯に先制できなかったこともあり、徐々に相手の時間帯が増えていきます。


・琉球の切り替えの早さ。
守備に転じる時もカウンター仕掛ける時もそうですが、スイッチが入った後の全体の動きが非常に早い。特にサイドがボールを持った時の動きが非常によかったですね。中に渡すのかドリブル突破するのか。内に絞っていくのかサイドをえぐるのか。栃木SCもその対応に追われていた感じもしました。


・1-1という結果通りの内容。
スタッツではシュート数が圧倒されてますので、ダメだったように見えますが、内容的には一進一退。相手の時間帯もあれば栃木のチャンスも非常にありました。

試合後のインタビューで琉球の金鍾成監督が『お互いの特徴が出たゲームとなって、どっちが勝ってもおかしくない流れ』とコメントしてますが、まさにそういう試合だったと思います。

やはり、琉球はロボや後半から入った大石を特に警戒してましたし、サイドの宮崎も警戒しており、ちょっとやりずらそうに見えました。宮崎自身の動きは非常によかったんですけどね。



おさるは、今回の試合。正直、立ち上がりの10分の流れでいって欲しかったという気持ちが強いです。

ドローに終わった結果云々じゃなくて、『優勝するチームの勢い』というものを見せてほしかった。

「さすが栃木は強い。これは優勝間違いないね」と相手に言わせるような。そういう試合を期待していました。

ですから、試合が終わってもやもやがすごく残ったし、現地に行きたくても行けなかった(あるいは、台風の影響で予定変更して帰ったサポも沢山います)仲間の「思い」を背負って現地に残ったということもあって、試合が終わってものすごく喪失感大きかったです。


ただ、それでも、仲間と共に過ごせたこともあって、現地で切り替えることができました。

負けたわけじゃない。

1位には変わりはない。

まだ優勝に一番近いのは我々なんだと。

次から6連勝すれば優勝は決まる。

そんな風に思えたのは完全アウェイの沖縄で仲間と共にいられたからだなとしみじみ思いました。



さて、大分と鹿児島の直接対決では大分が勝利した為、2位の大分と勝ち点差が2点に縮まりました。

順位を確認。

※24節終了時点の順位(左の数字は勝点)

48 栃木SC(1位) 
 ・
46 大分(2位)
 ・
 ・
43 
鹿児島(3位) 
 ・
 ・
40 秋田 (4位)、富山(5位) 
39 長野(6位)  
 ・
 ・
36 G大阪U23(7位)
 ・ 
 ・
33 琉球(8位)
32 藤枝(9位)
31 相模原(10位)
 ・
 ・
 ・
27 C大阪U23(11位) 
26 福島(12位)、鳥取(13位)
25 FC東京U23(14位)
 ・
 ・
 ・
21 盛岡(15位)
 ・
 ・
 ・
 ・
16 YS横浜(16位)

残り6試合ですので、優勝の可能性は数字上では10位の相模原までですが、現実的に考えると栃木SC、大分、鹿児島の3チームに優勝争いは絞られたと言ってもいいですね。



いいねの代わりにクリックをお願いします。
       にほんブログ村 サッカーブログ 栃木SCへ               
 にほんブログ村
↑栃木SCサポブログを盛りよう! 


琉球戦試合当日の朝アップした下記の画像。

image

宿泊したホテルの近くのコンビニから撮影したものなんですが、このすぐ近く(徒歩数分圏内)にある生命保険屋さんに元栃木SCのオチこと落合正幸さんの職場があります。

この日は日曜の早朝ですのでオチに会う事はできませんでした(平日から沖縄入りしたサポは会えたみたいですが)が、なるほどこういう環境で生活してるんだなとオチの人懐っこい笑顔を思い出しました。

なかなかの都会でしたよ、このあたり。


次回、沖縄観光の様子なんかも少しアップできればと思います。


おさるは沖縄は初めてではありませんが、もう、試合で訪れるのはずっと先のJ2、或いはJ1でになると思いますけども、観光ではまた行きたいなと思える場所でした。なかなか素敵な場所ですよ。

沖縄は元々は琉球王国という国でしたし、日本になってから戦争でアメリカの支配下になって日本に返還されたりと様々な歴史があって今の沖縄があります。

当然文化も違うし、食べるものも観るものも珍しいものが多いです。

でも、それは帰る場所があるから楽しいんだなとも感じました。

栃木という場所があって、そこに帰ることができるから、他の文化を楽しむことができるんじゃないか。

帰る家があるから、待つ人がいるから旅というのは楽しいのではないか。

そんなことを考えながら帰路につきました。

繰り返しになりますけど、まだ帰れない仲間が沢山います。

どうぞ、お気をつけて帰ってきてください。


◆今後の栃木SC関連スケジュール
・10月16日(日)13:00キックオフ
 J3第25節
 栃木SC対福島ユナイテッドFC
 場所:栃木県グリーンスタジアム

・10月23日(日)13:00キックオフ
 J3第26節
 藤枝MYFC対栃木SC
  場所:エコパスタジアム

・10月30日(日)13:00キックオフ
 J3第27節
 栃木SC対カターレ富山
  場所:栃木県グリーンスタジアム

・11月5日(土)13:00キックオフ
 J3第28節
 ガイナーレ鳥取対栃木SC
  場所:とりぎんバードスタジアム

・11月13日(日)13:00キックオフ
 J3第29節
 栃木SC対AC長野パルセイロ
  場所:栃木県グリーンスタジアム

・11月20日(日)13:00キックオフ
 J3第30節
 グルージャ盛岡対栃木SC
  場所:いわぎんスタジアム