相模原戦から日が経ちましたが、簡単にレビュー的なものを。

まずは試合のハイライト動画を。


内容については悲観するような内容じゃないですね。

これまでの栃木SCの戦い方と比較しても特に悪かったという感じもしませんでした。


ただ、じゃあなぜドローに終わったのか。

1:川口、菊岡がうますぎた

2:決めるべき時に決めきる力がない

おさるはこの2点かなと思います。


1に関して。

41歳ベテランの川口。さすが長年日本代表のゴールマウスを守ってただけあってうまかったですね。

ポジショニングのうまさや、時間の使い方、味方を鼓舞したり、なだめたり、声もしっかり出てましたし、さすがスーパースターだなと思いました。上形や大石、廣瀬が決めきれなかったのも川口のうまさもありましたね。

・・・まあ、優勝狙うならたとえ相手が元代表でも決めなきゃダメですけど。


そして菊岡。

失点につながったCKですが、ハイライトでもわかるようにスペースにピンポイントに狙ってきてますね。

栃木SCに今まで在籍していた選手では、止まってるボールを蹴らせたら佐藤悠介が一番だと今でも思っています(ぶっちゃけ代表クラスと言っても過言じゃないと思います)が、悠介に匹敵するくらいうまいよね。

途中、山本との小競り合いもありましたけど、そこも菊岡らしいと言えば菊岡らしいw

失点シーンはうちのミスとかではなく、精度の高いキックをした菊岡とゴールを決めた井上がうまかったと言うしかないです。


そして、2に関して。

まあ、川口が(駆け引きなんかも含めて)うまかったという事もありますけど、ビッグチャンス何度もありながら決めきれなかったのは痛いなと。・・・こういう時どうしても出ていない選手を思い浮かんべちゃうんですよね。ロボだったら決めてた!とかジャーンだったら決めてた!みたいに。まあ、サッカーにタラレバは禁句ですけど。

実際ロボでもジャーンでも決めてたかどうかはわかりません。

ただ、最後の交代は坂田じゃなくてジャーンだったんじゃないかなぁと個人的には思います。高い位置で坂田が奪って速攻を狙ってたのかなと思いますけど、決定力はジャーンの方が上なんじゃないかなと。別にこの日の坂田が悪かったわけじゃないですけどね。

相手もDF登録の18番服部が前半FWやって後半CBに戻ってたのもあって、横山さんなりに感じるものがあったのかな。


相模原は非常に面白いサッカーしてました。前回対戦時とまったく違うチームみたいでした。

システムも非常に流動的ですし、センターバックというかディフェンスも非常にうまかったですよね。うちのロングボールことごとく跳ね返されてた。

そして川口、菊岡もうまいですけど、深井正樹もやっぱりうまい。彼は元々FWの選手ですけど今回は2列目というか、まあ、流動的なのでどこのポジションってないんですけど、サイドに展開してアーリー気味のクロスを上げるシーンが多かったと思います。彼の良さが生かされてたなと感じました。

また、18番服部もうまかったですよね。FWやったり後半はCBやったりでしたけど、どっちやらせても確実に仕事ができる非常にいい選手ですね。

それからこの試合の審判。ワールドカップでも笛を吹いた西村さんが主審でした。J3で国際審判員レベルの試合観れると思わなかった。いい意味で審判が目立つことのない素晴らしいジャッジでした。ゴール横の補助審判(というか、なんて名称なんでしょう?)もいましたし、色んな意味で豪華な試合でしたね。


そして、この日の鹿児島はG大阪U23に1-6で敗れました。大分は翌日の試合でC大阪U23に2-0で勝利しています。

これで順位はどう変わったでしょうか。


※22節終了時点の順位(左の数字は勝点)

47 栃木SC(1位)  
 ・
 ・
 ・
 ・     
42 大分(2位)
 ・
40 鹿児島(3位)
39 富山(4位)
 ・
 ・
36 長野(5位)
 ・
34 秋田 (6位)
 ・
 ・
31 相模原(7位)    
30 G大阪U23(8位)
29 藤枝(9位)、琉球(10位) 
 ・
 ・
26 福島(11位)
 ・
 ・
 ・
22  FC東京U23(12位) 
21 盛岡(13位)、C大阪U23(14位) 
20 鳥取(15位)
 ・
 ・
 ・
16 YS横浜(16位)     

鹿児島は順位も交代、得失点差も一気に失っちゃいました。そして大分と富山がじわじわと上がってきてますね。

2位との勝点差は2位が大分になり、6点差→5点差に縮まりました。まあ、勝ててないんですから仕方ないですが、4点差になった可能性もあるわけで、そこをどうとらえるかですね。おさるは『負けずに次につながる反省材料を沢山得ることができた』と前向きに捉えたいなと思います。


いいね
の代わりにクリックをお願いします。
     にほんブログ村 サッカーブログ 栃木SCへ            
 にほんブログ村       
↑栃木SCサポブログを盛りよう!        



次節の対戦カードを確認。
※左がホーム、順位は22節終了時点
栃木SC(1位) 対 G大阪U23(8位)
富山(4位) 対 大分(2位)
鹿児島(3位) 対 FC東京U23(12位) 
長野(5位) 対 C大阪U23(14位) 
秋田 (6位) 対 福島(11位)
相模原(7位)  対 琉球(10位)
盛岡(13位) 対 藤枝(9位)
鳥取(15位) 対 YS横浜(16位) 

まず、我々の次の対戦相手であるG大阪U23。前節鹿児島を6-1で倒しましたが、ホーム吹田だったこともあってか、パトリックだの藤本だのっていうJ1でもトップレベルの選手の出場があったみたいですが、次節は我々のホームですし、J1も試合がある中でトップレベルの選手が出場してくることは考えにくいかなと。とはいえ、前回対戦時に非常にうまいチームだったという印象がぬぐえません。簡単に勝てる相手ではないですが、少なくとも鹿児島がやられた前節のチームとは異なってくるんじゃないかと思います。

そして、じわじわ順位を上げてきている大分は同じく順位を上げてきている富山との対戦。上位同士のカードですね。これは我々にとっては好都合な対戦でしょうか。大分が勝てば我々のライバルは大分1本に絞られてきますし、富山が勝利すれば大分も厳しくなってくるかと。しかも、大分は22日(木)に天皇杯の清水エスパルス戦を挟んでますので、これがどう影響するか。

そして鹿児島はFC東京U23との対戦。FC東京U23は前節水沼宏太が活躍してますし、後半に石川直も出てきてます。同じようなメンバーでくる可能性十分にありますし、話題の久保君もこのあたりで出てくる可能性十分にあり得ます。鹿児島にとっては前節に続いて非常に難しい試合になるんじゃないかと、なってもらわないと困りますけどw

大分と鹿児島はその次で直接対決があります。

ということで、まだまだ胃が痛い日が続きますが、我々は目の前の試合に勝って行くしかないですね。

自力で優勝の可能性があるのは我々だけです。

次節以降、勝利を重ねていきましょう。


・・・どうでもいいですけど、次節、裏天王山(鳥取対YS横浜)もあるんですね。このカードも面白そう。

尚、次節は中継録画でとちぎテレビの放送がありますよ。
http://www.tochigi-tv.jp/program/?id=695



◆今後の栃木SC関連スケジュール


・9月25日(日)17:00キックオフ  
 J3第23節  
 栃木SC対G大阪U23
 場所:栃木県グリーンスタジアム

http://www.tochigisc.jp/news/article/00007882.html

・9月26日(月)時間未定
 TRM
 対戦相手、対戦場所未定

・10月2日(日)18:00キックオフ
 J3第24節           
 FC琉球対栃木SC
 場所:沖縄県総合運動公園陸上競技場