■試合結果
栃木SC 3 - 0 セレッソ大阪U-23
(前半)1 - 0
(後半)2 - 0

【得点者】
38分 宮崎泰右 (栃木)
74分 リカルド・ロボ(栃木)
86分 島川 俊郎(栃木)


【交代(栃木のみ)】
79分 宮崎泰右 → 西谷和希
86分 リカルド・ロボ → 上形洋介
88分 廣瀬浩二 → 山本大稀

【会場】
キンチョウスタジアム

【入場者数】
1,119人

■ハイライト動画





おさるは中断期間に練習やTM見学してませんので、どんなサッカーをしていたのかはわかりませんが、この試合始まってすぐに「栃木SCのサッカーが戻ってきな」と感じました。

カチッとした守備。そして奪ったボールをシンプルに前に繋ぐ。そういういつもの栃木SCが戻ってきたなと。

この日のツートップ、ロボも大石も高い位置に張り、競り合いにも勝てていたし、うまく機能していたと思います。

強いて言えば、再三のビッグチャンスに決めきれない大石には勿体無いなぁと感じました。とはいえ、フィニッシュ以外の所ではチャンスを演出するなどいい仕事していたと思います。

いい仕事といえば、この日一番よかったのはなんといっても宮崎泰右。先制点を挙げただけでなく、1人別次元で全てがよかったと思います。ドリブル、パス、守備のポジショニング、そして先制点を挙げた左足のシュート。どれをとっても非常に優れていたと感じました。

そしてロボ。守備しないのは相変わらずですが、前線からのプレスはしっかりいきますし、そして…これがこの日一番驚いたのですが…、意外にテクニックを見せるというか、足元がうまくなっていて、ちょっとしたテクニシャンタイプになっててびっくりですw

まぁ、年齢的にも熟成してきてます(それにしても本当に32歳?)し、元々スピードスターではないし、テクニックを駆使して相手をいなしていかないと活躍できませんしね。


対するセレッソ大阪U23。まあ、他の今までのU23チームと同様、ガツガツプレスにくるチームではなく、どちらかというと相手にボールをもたせて奪ってカウンターってチームだったと思います。そのせいか、何度かスルーパス1本でピンチを迎える場面もありましたが、そこは堅守栃木のDF陣がしっかり跳ね返せていたのでよかったですね。

全体的には「どちらかというと栃木ペース」だったかもしれませんが、圧倒していたとも言えないかなと思います。反省材料もそれなりにあったと思いますし、それでもこうして結果がついてきてるんで、そういう意味はいい状態で中断期間あけを迎えることができたんじゃないかなと思います。

いいねの代わりにクリックをお願いします。
     にほんブログ村 サッカーブログ 栃木SCへ           
 にほんブログ村       
↑栃木SCサポブログを盛りよう!

キンチョウスタジアムから駅に向かう帰り道。辺りも暗くなっていたこともあって昨年、キンチョウスタジアムで試合したことを思い出しました。

この先どうなっちゃうんだろう。セレッソ(トップチーム)に手も足も出なかったし、セレッソは上に上がるだろうし、もう来ることもないかな…等と思いながら駅に向かったことをありありと思い出しました。

現在、J3に降格したとはいえ、ここまで順調とはいえないもののしっかりJ2に戻るために結果を残してきています。

次来るときはセレッソのトップチームとの対戦で再び訪れよう。

そんな風に思いながらスタジアムを後にしました。


◆今後の栃木SC関連スケジュール 
・9月18日(日)17:00キックオフ  
 J3第22節  
 栃木SC対SC相模原
 場所:栃木県グリーンスタジアム
http://www.tochigisc.jp/news/article/00007810.html 

・9月25日(日)17:00キックオフ  
 J3第22節  
 栃木SC対G大阪U23
 場所:栃木県グリーンスタジアム