◆試合結果
栃木SC 1 - 0 大分トリニータ
(前半)0 - 0
(後半)1 - 0

【得点者】
90+5分  島川俊郎(栃木)

【交代(栃木のみ)】
57分 上形洋介 → 西谷和希
74分 広瀬健太 → 坂田良太
84分 廣瀬浩二 → リカルド・ロボ

【会場】
大分銀行ドーム

【入場者数】
9,271人

◆ハイライト動画




激闘

この試合を一言で表現するならこの言葉がしっくりくると思います。

さすが上位同士の対決でした。大分は強かった。

立ち上がりから両チーム共に攻めては防がれ、カウンターを防ぎ、奪えば攻め、取られては守り…一進一退の互角の戦いでした。

前半終わりの頃は辛抱の時間が続き、後半に入るとホーム大分サポの後押しで大分が攻める時間が長くなります。

とはいえ、防戦一方でもなく、大石くんのポストに当たるヘッドとか、大分GKのファインセーブがあったりするなど、惜しいシーンもあり、栃木SCも意地を見せます。

後半12分には上形を下げて西谷がサイドに入り、サイドの廣瀬が前に上がり大石と廣瀬のツートップに。

これで流れが変わってきたかなと思った矢先に大分はキリノを投入。キリノのボールキープよかったですね。これでなかなか流れをつかめなくなる。

後半30分近くになるとロボが呼ばれ、交代の準備をしますが、その直後、大分の選手がフリーで抜け出した所を広瀬健太がスライディングで止めます。このプレーは広瀬健太のファウル。

しかし、相手との接触で広瀬健太が足を痛めたようで、タンカで運ばれると、すぐにロボの交代キャンセル。坂田が呼ばれ、広瀬健太との交代で入ります。後半29分のこと。

坂田は地元も近いことで、ご家族や友人らしき方たちが応援にいらしてましたが、この交代の後、勇姿を見せることができてました。途中交代でも素晴らしいプレーでしっかり守ってくれました。

そして交代キャンセルになったロボはその10分後の後半39分に廣瀬と交代で入ります。

久しぶりのロボはやっぱりロボでしたw

まぁプレー時間も少なかったし、点を奪うのが目的での交代でしたから、守備よりも攻撃ですね。ただ、献身的というか、以前のように「俺が!」っていう感じでもなく、シャドウ的なプレーもしてました。これも以前もたまにありましたよね。そんな姿を見て、ああ、本当に帰ってきたんだと感じました。

しかし、このあたりの時間の大分の怒涛の攻撃もすごかった。何としても栃木SCを倒す!という気概にあふれてました。


今シーズンのうちの強さはこういう時に出るなと思ったのですが、防戦一方でも誰一人諦めることなく体を張って集中して守り、そして、ワンチャンスをものにしようという気持ちが見えてました。

アディショナルタイムに入っても誰一人「引き分けでもいい」なんて考えてなかったと思います。とにかく大分の怒涛の攻撃をかいくぐって、たとえ針に糸を通すくらいのチャンスであってもモノにするぞ!と。そんな気概にあふれてました。

その気持ちが現れたのが、もうラストプレーに近かったと思います。アディショナルタイムの5分が過ぎようとしているタイミングでの左サイドのコーナーキック。この日の左のコーナーキックはずっと宮崎が蹴ってましたが、宮崎からのボールをヘッドで合わせる→GKに弾かれる→こぼれ球をシュート→ポストに当たる→こぼれ球を押し込みゴール!と。

静まり返る大銀ドームに100人に満たない栃木サポの歓喜の声が響く。

そしてプレー再開後もすぐにホイッスルがなり、栃木SCが勝利しこれで10連勝となりました。

またもや劇的な幕切れでした。

このゴールを決めたのが島川でした。

ハイライトのゴールシーン見るとわかると思いますけど、ごちゃごちゃしてて誰が決めたのかわかりませんでした。

そっかー島川だったのかー。

チャットでいち早く伝えたのはいいですけど、かなり動揺しちゃいましたね^^;もう、あの瞬間は鳥肌が立ち、手が震えちゃうくらい興奮してました。

大分サポに囲まれた(と言っても近くに栃木SCサポ何人かいましたけど)メインスタンドで1人興奮状態^^;

今までの栃木SCの歴史や、昨年の苦しい時期、そして今シーズンここまでやってきていろんな思いがこみ上げて感動してました。

クラブとしての新記録となる10連勝。

2位との激闘をものにした栃木。

このまま首位独走でJ2に戻りましょう!

それにしてもいい試合だった。

いいねの代わりにクリックをお願いします。
   にほんブログ村 サッカーブログ 栃木SCへ        
 にほんブログ村     
↑栃木SCサポブログを盛り上げよう。


今回、おさるはサポ仲間と遠征したのですが、スタジアム入り直前にスタメンを知って「横山監督の采配、最近神がかってるから、今回スタメンに抜擢された島川あたりがミドル決めちゃうんじゃない?」なんて話してたんですが、ミドルではなかったですけど、本当にゴール決めちゃうっていうのは凄かった。


そして今回、つくづく感じたのですが、サッカーにおいての「勝利」っていうのはいろんな要素があるわけじゃないですか。

両チームの戦力や監督の指導や采配。スタジアムの雰囲気や風の向きさえもちょっとしたことで結果が変わる可能性だってあるわけで。

今回、大銀ドームに集まった栃木SCサポ。栃木で祈るように実況チャットや速報を眺めてた栃木SCサポ。現地入りしたスタッフや栃木に残ったスタッフや選手達。

そのどれが欠けてても今回の勝利はなかったと思います。

選手や関係者は勿論、サポーターの「勝ちたい」という強い思い。それがあの瞬間のゴールを作り上げたのかなと。

もちろん、それをきちんと決めた島川選手も素晴らしかった。

次は中断期間前の最後のゲームですね。ホームで11連勝を!


◆今後の栃木SC関連スケジュール 
8月7日(日) 17時キックオフ 
 J3第20節 
 栃木SC対FC東京U23 
 場所:栃木県グリーンスタジアム 

・9月10日(日) キックオフ時間未定 
 J3第21節 
 C大阪U23対栃木SC 
 場所:キンチョウスタジアム