◆試合結果

栃木SC 2 - 0 SC相模原
(前半)0 - 0
(後半)2 - 0


【得点者】
53分 大石治寿(栃木)
58分 西澤代志也(栃木)


【交代(栃木のみ)】
57分 上形洋介 → 宮崎泰右
78分 廣瀬浩二 → 山本大稀
87分 西谷和希 → 杉本真


 【会場】
相模原ギオンスタジアム


【入場者数】
3,579人

◆ハイライト動画



この日の感想。

・・・とにかく暑かった。

午前中雲が多かったものの昼過ぎには晴れ間も見え、ジリジリと照らす太陽、高温多湿の風が吹き、スタジアムの掲示板ではしきりに熱中症対策を促す文字が表示される。

そんな雰囲気。

デーゲームをやるような気候じゃないですよね。選手達はもちろんのこと、現地観戦の皆様体調はいかがでしょうか。

おさるもちょっと暑さにやられたみたいであまり体調良くないです(^^;勝利したことで気持ちは元気いっぱいなんですけどね・・・。

この試合はあまりに暑いので前後半に60秒の給水タイムと3分間の休憩が行われるクーリングブレイクが適用されました。


試合の方は終わってみれば栃木SCのゲームだったかなと言えるんですが、途中まではどう評価していいかわからない展開でした。

ボールを繋いでいく中でミスがあったり、相手のプレスでボールを奪われたり。で、大ピンチになるかと思えばそうでもなく、うまく奪い返したり、相手のミス等でボールを取り戻す・・・。そんなことの繰り返し。

そんな中で山形や廣瀬といったベテランが暑さの中でも奮闘し、西谷のドリブル突破などでチャンスを演出していくが得点には至らず。そんな展開の前半だったなと思います。

後半、コーナーキックからの大石のヘッドで先制するとイケイケムードになり、その直後の代志也のゴラッソなミドルが決まり相手を突き放し、終わってみれば完封で勝利。

代志也はJリーグとしては初のゴールですか。(ナビスコカップでの得点はあり)

あの瞬間左サイドに西谷がフリーでいたんですよね。ですから西谷に渡すって選択肢もあったと思いますが、あそこでシュートを打ち、そして決めるという素晴らしい仕事をしてくれました。

終わってみれば完封で6連勝。10試合負けなし。


・・・ただやっぱり、今まで同様、課題も沢山見られた試合だったなと思うし、課題がある中でも完封勝利できたのは、じゃあ相手が弱かったのかというとそんなこともなく、相模原はさすが上を目指しているチームで、特に菊岡のボールキープと精度の高いキックだったり、深井正樹なんかもやっぱりうまかったですね。

個のレベルでは非常にうまい選手がいる中で、両チーム共にミスが目立ったのは、もしかしたらこの暑さのせいもあったのかもしれません。

それくらい暑かったですよ。


さて。

これで今年のJ3シーズンの半分が終わりました。

栃木SCはこの勝利でJ2時代の2012年6月24日の21節~7月29日の26節まで6連勝した時以来の6連勝となり、暫定でトップに躍り出ました。

※15節終了時点(左の数字は勝点)

30 栃木SC(1位)
 ・
 ・
27 鹿児島(2位)
26 大分(3位) 長野(4位)
25 富山(5位)
 ・
 ・
22 琉球(6位)、秋田 (7位)
21 相模原(8位)
20 藤枝(9位) 
19 福島(10位)
 ・
17 G大阪U23(11位)、C大阪U23(12位)  
 ・
 ・  
14 FC東京U23(13位)、YS横浜(14位) 
 ・  
 ・  
11 盛岡(15位)
10 鳥取(16位)    

シーズン中の1位というのは2011年に経験していますが、シーズン半分を1位で折り返すというと、JFL最終年の2008年を思い出しますね。

J2昇格がかかったシーズン。非常に好調でシーズンを1位で折り返しましたが、後期に入り勝てない日が続き、まあ、色々ありましたよね。あのシーズンは。結局2位でシーズンを終えることになりました。

当時いたメンバーは赤井ヒデしかいませんけれども、チームとして、やはりあの年の苦い経験を無駄にしない為にも、今シーズンは1位で折り返し、最後、優勝でシーズンを終えましょう。


シーズン半分が終わったので、これでJ3すべてのチームと対戦しました。

J3の世界というのがわかってきましたよね。

勝利は目指しているものの昇格を目指しているわけではないU23チームがあったり、昨日の試合みたいに照明設備がない為に夏でもデーゲームをやらざるを得なかったり、ホームの動員が1000人にも満たないチーム。飲食売店がほぼ皆無のスタジアム。プロとアマチュア混在のチームがあったりと、JFLと似てる部分もありますけど、なんというか、カオスというか独特の混沌としたリーグだなと感じずにはいられません。

そして、そういうリーグでJ3の他のチームは今まで頑張ってきたんだという意味では大変リスペクトしておりますが、同時に、我々の場所はここじゃないと昨日も暑さの中で思ってました。

相模原のスタジアム、運営、サポーターの皆さんは非常に素晴らしかったです。綺麗なスタジアムでスタッフのみなさんやサポさんもすれ違えば『こんにちは』『遠くからお疲れ様です』と挨拶してくれましたし、グルメも沢山あって楽しい雰囲気で暑さ以外のストレスは一切なく楽しく過ごせました。いろんな面でトータルで素晴らしいチームだと思いました。雰囲気も良かったよね。

そういう事とは別に、それでもやはり、我々の場所はここじゃないんだと。

早く上に戻らなきゃいけないと。

そんなことを考えてました。


いつも言っていることですが、シーズン中の順位というのは通過点でしかありません。

あくまで30節終わって最後に何位であるかが重要です。

・・・ですが。

1位というのは気持ちがいいですよね。

昨日の帰りの休憩中。他チームの結果で栃木SCが暫定で1位になったことを知って飛び上がるほどうれしかったし、今までどんなにつらい時でも雨や嵐の中でも絶えて応援し続けてよかったなって感じました。

これがあるから応援はやめられないw

そして、ここから1位をキープし続けて最後、ホーム福島戦かホーム富山戦あたりで優勝が決まるくらいになればいいなと思いました。


・・・おかしな話ですか?


そう簡単にはいかない?


確かにJ3・・・というより、サッカーのリーグっていうのは簡単じゃないのは身にしみてわかってます。


そんな単純なスポーツじゃないのもわかっています。


だけど、おさるは毎試合勝つつもりで応援してます。


毎試合勝つって事は、残り全部勝つってことです。


残り全部勝って行けば、その辺りで優勝が決まるってことでしょ?


だから、全然おかしな話じゃないよね。

残り全部勝って早めに優勝決めて、来年に繋がるチーム作り(それはクラブ全体として)を行い。みんなに愛される強いチームになって欲しいなと思います。

『みんなに愛される』が先でその次に『強いチーム』というのが重要です。


いいねの代わりにクリックをお願いします。
         にほんブログ村 サッカーブログ 栃木SCへ       
 にほんブログ村    
↑栃木SCサポブログを盛り上げよう。


先般移籍加入した宮崎選手。

昨日の試合で後半途中から出場しましたけど、非常にうまい選手ですね。

ボールキープもでき、スピードもあり、キック精度もなかなか高かったです。

J1にいてもまったくおかしくないレベルの選手だと感じました。

何故これほどの選手がJ2で出場機会を逃してたんだろう。好不調の波があるのか、戦術によっては使いにくいのか、メンタルや他の面で問題があるのあわかりませんけど、昨日の試合を観る限りではいい人材を獲得したなと思いました。

縦への推進力はありますし、実際昨日の試合でもぐいぐいとドリブル突破であっという間にバイタルエリアまで突き進める突破力は魅力でしたし、キープ力もあった。彼がボールを奪われたシーンって、相手3人(2人だったかな?)に囲まれて奪われた1回くらいしか記憶にないです。

テクニシャンタイプのドリブラーというか、西谷君や去年までいた湯澤君とはまた違ったタイプのサイドアタッカーですね。独特のリズムのドリブルします。個人的には若い時の石川直宏を彷彿させるようなイメージでした。

おさるの好きなタイプのサイドアタッカーだなぁ。

今シーズン残り、宮崎君推しでいこうかなぁ。

・・・いや、自分はやっぱり全部の選手推しですw


◆今後の栃木SC関連スケジュール   
・7月4日(月) 11時30分キックオフ    
 TRM
 栃木SC 対 産業能率大学
 場所:さくらスタジアム

・7月10日(日) 17時キックオフ    
 J3第16節    
 栃木SC 対 Y.S.C.C.横浜  
 場所:栃木県グリーンスタジアム 


・7月16日(日) 17時キックオフ    
 J3第17節    
 鹿児島ユナイテッドFC 対 栃木SC
 場所:鹿児島県立鴨池陸上競技場