◆試合結果

カターレ富山 0 - 1 栃木SC
(前半)0 - 1
(後半)0 - 0


【得点者】
3分広瀬健太(栃木)


【交代(栃木のみ)】
57分上形洋介 → 杉本真
66分古波津辰希 → 西澤代志也
89分本間勲 → 佐々木勇人


【会場】
富山県総合運動公園陸上競技場


【入場者数】
4,469人

◆ハイライト動画


試合前に予測していたように、やはりJ2っぽい試合でした。

試合開始早々の2分。

中央やや距離のある所でFKを得ると、古波津がキックフェイントから横にボールを流し、隣にいた広瀬健太が低い弾道から浮き上がる豪快なミドルシュート。

これが決まって先制。

その後も全体の流れとしては、シュートまで持って行けた富山の方がやや上回っていたのかなと思いますけど、ボールはよく奪えていたし、体を貼っての守備できてました。

1点を守り切って、今シーズンアウェイ初勝利。



この試合で感じたこと。

栃木SCは細かい部分で若手とベテランの差が非常に出ているなと感じました。


例えばサイドでボールを持って、相手が守備ブロックを形成した場面。

若手・・・あえて今回は名前を書きますが、山本や上形がボールを持っている場面では、8割9割がたボールを戻す。リスクを犯してでも前にボールを蹴ろうとしない。

それに対し、例えば山形や廣瀬がボールを持つと、前に、或いはアーリー気味の:クロスを上げてチャレンジする。

その差が非常に出ているなと感じました。

リスクを犯してでもチャレンジするっていうのは、成功した時はいいですけど、失敗した時は相手のカウンターチャンスにもなり得ますので、何でもかんでも前に蹴れとは言いませんけども、若手こそもっとチャレンジすべきじゃないかなぁと感じました。


それから、前線、上形もそうですし、特に大石君に感じたプレーなのですが、廣瀬や山形、本間あたりがボールを持って前を向いた時に、DFの裏に飛び出すとか、スルーパスへの反応だったり、息があってないなと感じました。

その辺がまだまだ課題なのかなと思いますけど、、連携って言うのかな、前線と中盤のタイミングの合わせ方とか、この辺は沢山練習をすることもそうですし、お互いに話し合ってこうして欲しいとか、こう動いてほしいって言うものをぶつけ合って欲しいなと。

大石君は非常に非凡な才能がありますし、注目している選手の一人ですが、ボールを受けに行くタイミングとかもう少しよくなればもっとチャンスも作れるし、ゴールもうまれると思いますので、すり合わせをよくして欲しいなと思います。


今回もうちの守備もしっかり出来てはいましたけど、富山の決定力のなさに助けられた試合だったんじゃないかなと。決定力のあるFWがいるチームだったら2点、3点取られてもおかしくなかったと思います。

どんな形でも勝ちは勝ちですが、兜の緒はしっかり締めて、多くの課題を修正できるようにして頂きたいなと思います。むしろ、勝って課題があるっていうのは一番よかった事なんじゃないかと思います。



それから、後半どのあたりのタイミングが忘れましたけど、ピッチ中央ややベンチよりで栃木SCがファウルをとられた場面。相手のFKになるんですが、笛が鳴った直後、代志也がボールを手に持ったんですね。富山の誰だかも忘れましたが、ボールよこせ!とばかりに平手で代志也の頭を2~3回小突く場面がありました。

代志也もアピールすればよかったんですが、主審の見えるところでしたし、ベンチ側線審の目の前で起こった出来事なのに一切注意さえもなし。

さすがにこの場面では珍しく横山監督がベンチから出て猛抗議。


この場面だけじゃなくて、ちょっとジャッジがおかしいなと思う場面が非常に多かったです。

おさるが栃木SCサポだから感じたのかもしれませんが、笛の基準も曖昧で、なかなか富山のファウルを取らなかったんじゃないかなと。栃木のファウルの場面よりももっと激しく富山が削ってきても笛吹かなかったりとかね。


これまでJ3戦ってきて、対戦相手のサッカーも色々と驚くことも多かったのですが、レフリーのレベルも非常に驚きの連続です。

しっかりレベルを上げてほしいのは当然のことですが、レフリーもJ3基準なんだという事をわかった上でやって今後も戦っていかないといけないかなと感じました。



今回、富山さんはもっと激しくくるかなと思ってましたけど、そうでもなかったですね。

苔口はチャンスも作っていたし、シュートもあったんですが、以前ほどの怖さがなくなったなと感じました。コンディションの問題でしょうか。

西川君はGKと1対1の場面でも外すなど、変わってないというか、彼らしいなと感じましたw


さて、この試合を終えてシーズンの1/3が終了し、栃木SCは7位に浮上。

勝点毎の順位は。

※10節終了時点(左の数字は勝点)

20 秋田(1位)
 ・
18 相模原(2位)、琉球(3位)、長野(4位)
17 鹿児島(5位) 
 ・
15 富山(6位)、栃木SC(7位)
 ・
13 大分(8位) 、藤枝(9位)
12 G大阪U23(10位)、C大阪U23(11位) 
 ・ 
 9 鳥取(12位)、
 8 福島(13位)、YS横浜(14位) 
 ・
 6 盛岡(15位)、FC東京U23(16位)

どうでしょうか。中位、上位がまた団子状態になってきました。

チャンスとも言えますが、逆に他が上がってくる可能性もあります。
まあ、面白くなっては来ましたけど、ここで連勝して突き放さないと優勝はできません。


現在1位とは勝ち点5差。

次節勝利し、他の試合の結果によっては2位になれる可能性もあります。

次節はホームですし、多くのサポの声援で連勝しましょう。


↓いいねの代わりにクリックをお願いします。
       にほんブログ村 サッカーブログ 栃木SCへ    
 にほんブログ村 
↑栃木SCサポブログを盛り上げよう。


実況チャット、ご協力いただいた皆さんありがとうございます。

ちょっと前半集中できなかったので、ありがたかったです。

感謝です。

今後も出来る範囲でやって行こうと思っていますが、やはり観戦にも集中しなくちゃですので、可能な限りご協力をお願いします。


◆今後の栃木SC関連スケジュール  
・5月23日(月) 11時キックオフ  
 TRM
 栃木SC対流通経済大学
 場所:さくらスタジアム<さくら市総合公園内:栃木県さくら市櫻野1789>
 http://www.tochigisc.jp/schedule/?y=2016&m=5

・5月29日(日) 13時キックオフ  
 J3第11節  
 栃木SC対C大阪U23
 場所:栃木県グリーンスタジアム

・6月12日(日) 13時キックオフ  
 J3第11節  
 YS横浜対栃木SC
 場所:ニッパツ三ツ沢球戯場