藤枝戦プレビュー・・・みたいなこと書こうと思ったんですが、スカパーの再放送やってないので試合は観れないし、前節のスタッツだけじゃいまいちどんなサッカーしてるかわかんないし、ネットでもあまり情報出てないし、やっぱりJ3だなぁと思った今日この頃。

みなさんいかがお過ごしでしょうか。

栃木県内でも桜が咲き始め、春を実感する季節になりましたね。

今週末は花見とグリスタサッカーとで大忙しでしょうか。

花粉症のおさるはそれどころじゃないんですけど・・・。

さて、3月6日に行われたサポカンの議事録がアップされました。
http://www.tochigisc.jp/news/article/00007423.html

気になった部分。動員に関して
私どもが知りたいのは二巡目以降来なくなった理由ですよね。(中略)まずどういった理由で二巡目以降来なくなるのか、ライト層の方々がどういった理由で行きたいと思っているのかをお声を聞きながら、少しでも傾向を見て対策していこうと思っています。(橋本社長)』
との発言がありました。


動員に関してはもうこれはJリーグ全体の問題で、もっと言えばプロのサッカーというものが興行である以上、常に付きまとう問題ですよね。

我々サポーターも(特に長く応援されている方達なんかは)、もう何年も前から色々考え、議論し合い、時には行動に移して頑張ってきました。


そもそも、所謂サポーターと呼ばれるグリスタに通っている人たちと、ライト層と呼ばれる、まあ、一見さんというか、通わない方々ですね。そこの違いって何だろうって考えたんです。

それを突き詰めて考えていくうちに、じゃあ、何故我々は通うようになったんだろうと。それがわかれば集客のヒントになるかもしれないかなと考えみたんです。


まず、おさるがグリスタに訪れた最初の頃の心境ってどんなだったかなと。

恐らく多くの人もそうでしょうけど、『非日常体験』をしてみたくてワクワクしながら行ったと思うんです。
(まあ、本当におさるが観はじめた最初の頃は石田監督とかの頃なのでイベントとか殆どなかったですけど)

なんていうか、お祭りとかイベントみたいに、普段の生活の中では味わえない興奮とか感動とかそういうものを求めてたんじゃないかと。

実際グリスタに行ってみると沢山の人達がいて、飲食売店の様子なんかは、さながらちょっとしたお祭りみたいな感じじゃないですか。「どんなもの売ってるんだろう?」っていうワクワクとか、「うわ!この一枚岩チキンってデカくない??」って驚いてみたり。

そしてピッチを見れば生でサッカーをやっている。

卓越した技術にうまいなぁと思ったり、必死に走る姿にすごいなぁって感動したり。

そしてサポーターの声援が聞こえ、ボールを蹴る音が聞こえ、選手の額から滴り落ちる汗を見つめる。

そういう普段の日常では体験することのなかったリアルな世界がそこにあって感動して。


・・・そして、何度も通うようになると、逆にそれが日常に変化する。

週末の試合の時間をチェックし、開門に間に合うには何時に家を出ればいいからと逆算して朝起きて支度する。持って行くものや着ていくものも既にルーチン化して、グリスタに通う行為が『日常』になるわけです。

ライト層(という呼び方はまだ慣れないなぁ)と長く通っているサポーターとの違いは、それが非日常か、日常かの違いなんじゃないかと。


じゃあ、グリスタでの試合を『非日常』だと感じている人たちが『日常』になる為にはどうしたらいいか、非日常だったものに対して通うようになったきっかけ。おさるはどうだったのかって考えたら、そこはチームを好きになるかどうかだと思うんです。

「そんなの当たり前だろ」という話ですけど、その「好きになれるかどうか」っていうのは意外と深い話なんじゃないかなって思ったんです。


例えば、人が人を好きになる理由なんてないじゃないですか。

友人でも仲間でも、或いは男女の関係でもそうですけど、理由や理屈があって好きになるわけじゃないですよね。

友や仲間や恋人って言うのは、縁があって出会って、言葉を交わし、気付けばいつの間にか惹かれあって、かけがえのない存在になっていたりするもので。

チームを好きになるって言うのは人間同士のそれと似ているんじゃないじゃなって思ったんです。

だから、橋本社長の言う2巡目がない理由を探すって言うのは、届かぬ女に振られた理由をあれこれ探すようなもので、まあ、それを間違っているとは言いませんけど、だったらそれよりもチームとして好かれるようになる事の方が大事なんじゃないかと。魅力的な人が沢山の人に好かれるように、魅力的な存在になる努力をすべきなんじゃないかと思うんです。

じゃあ魅力的になるには具体的に何をすればいいのかっていうのは、これは一つではないと思うんです。

笑顔の素敵な人が好みだとか、優しい人が好き、面白い人が好き、強い人が好き、明るい人が好き、男らしい・女らしい人が好き・・・人が他人に魅力を感じる部分が様々であるように、サッカーチームも同様なんじゃないかと。

試合の強さを第一に考える人、内容を第一に求める人、イケメン選手を応援したい、ゴール裏で選手と一緒に戦いたい、メインやバックスタンドでゲーム展開を楽しみたい、恋人や家族でのんびり楽しみたい、飲食売店や沢山のイベントを楽しみたい、お弁当を持ってピクニック気分で楽しみたい・・・サッカー観戦のどこに魅力を感じるかなんて人それぞれなんです。

だから『勝ち続ければ客は入る』っていうのは「強さ」という一つの魅力だけを伸ばそうっていう話であって、それだけでは全体の魅力に欠けてしまうんじゃないかなと。

美人、或いはイケメンだってだけで中身のない人間だとか、優しいだけで何もできない人とか、1つだけ磨いても魅力に欠けますよね。それによって多少は好意的に思われますけど、その人を知れば知るほど薄っぺらさって言うか、他の魅力がないのに気づいて離れていく人も多いと思うんです。

だから、「勝ちさえすれば客は来る」とやっていくと、勝てなくなった結果、他に魅力を感じない人たちは離れてしまうんじゃないかと。


だから全体的に魅力を感じてもらえる努力する。一つの事だけではなく、様々な面でみんなに好かれ、愛される努力をする。

・・・まあ、そんなことをつきつめて考えると、やはり細かな問題(接客だったり、安全面だったり、サービスだったり・・・とにかく付きまとうあらゆる問題)を一つ一つクリアし、いいと思ったことはどんどん実行していくしかないですよね。そうやってホスピタリティの向上を目指していくしかないんじゃないかなと。


それから、常々言ってますけど、スタジアムの雰囲気を作り上げる要素の一つに我々サポーターもいます。

楽しい雰囲気を作る。自分たちが楽しむ。そして見知らぬ人を受け入れる。

そういう姿勢・・・っていうのは今までもそうでしたけど、これからも継続してやっていくっていうのも必要なんじゃないかと思いました。


・・・おさるが高校生の頃。

クラスのそれまであまり話したこともない女の子に『これ美味しいよ。食べてみて。』って新しく出たアメか何かを貰ったことがあって、もう、それだけでそれ以降、その子の事が気になっちゃったりしたことがありました。それまでなんとも思ってなかった女の子が魅力的に見えてしまったんです。

そんな些細なことで人の気持ちって変化するもんなんですよね。

・・・ていうか、今でもそんなことを覚えているんだから、些細な行為がその後の人生に及ぼす影響って結構デカいなw

だからグリスタでサポーターの人に声かけてもらえたとか、ちょっと親切にしてもらえたってだけで、その人にとってはいい印象と思い出が残るんじゃないかなって。

そういうことを我々(このブログを読んでるあなたもですよ)が考えて行動していくことで、広い目で見れば集客というか、リピーターを作るきっかけの一つになれるんじゃないかなって思います。

つまり、クラブの努力も必要だし、試合に勝利するっていう監督、コーチや選手の努力も必要だし、それを支えるスタッフの努力も必要であるように、我々サポーターもそういう努力も必要だと今更ながらに感じました。



サポカン議事録でもう一つ気になった橋本社長の発言。
自分でも実行委員長をやっていたイベントがあるのですが、4時間の間に1万人くらい来るイベントに3割が県外の方達で、それなりの価値があれば人はお越しいただけると思いますし、何か行動を起こしてくれると思っていますので』ってありますが、年に1回しかやらないイベントと月に2~3回行われる試合とを一緒に考えるのはナンセンスだと思います。

「年に一度だから、無理してでも行こうか」っていうのと、「別に今日行かなくてもまた来週もやってるでしょ?」っていうのとは話が違うと思いますよ。

と、ここで書いたところで社長は読んでもいないでしょうけどw


↓クリックお願いします。
      にほんブログ村 サッカーブログ 栃木SCへ   
 にほんブログ村
↑栃木SCサポブログを盛り上げよう。

先週、おさるのブログでおなじみ矢板市の『華清』さんで食事をしたら若旦那のメッチンに「この前、おさるさんのブログ見てきましたっていうお客さんいらしてましたよ」と言われました。

いやぁ嬉しいですね。

いかがでした?おいしかったでしょ?

ちなみにおさるは華清ではボードに書かれた「今週のサービス定食」と、裏メニュー(だってメニューに載ってないんだもんw)の「揚げ焼きそば」をよく頼みます。

この2つ頼んで1000円ちょっと。リーズナブルにおなかいっぱいになれます。

なのでメッチンから「頼み上手」って言われますw

河内の練習場から車で30分くらいで行けちゃいます。

お昼の時間過ぎてもお店はやってますので、練習見学の後にも最適。

・・・なんて書いてたら食べたくなってきたよ。

『中国料理 華清(かしん)』
住所:栃木県矢板市中376-1
TEL:0287-44-2567
営業時間: 11:30~21:00
定休日:不定休(水曜休みの時が多い)


◆今後の栃木SC関連スケジュール
 ・4月3日(日) 13時キックオフ 
 J3第3節 
 栃木SC対藤枝MYSC 
 場所:栃木県グリーンスタジアム 
http://www.tochigisc.jp/news/article/00007414.html

 ・4月10日(日) 13時キックオフ 
 J3第4節 
 福島ユナイテッドFC対栃木SC 
 場所:とうほう・みんなのスタジアム
 
  
※遠征される方はこちらもご参考に
http://osaru.blog.jp/archives/55484184.html

 ・4月17日(日) 13時キックオフ 
 J3第5節 
 ブラウブリッツ秋田対栃木SC 
 場所:あきぎんスタジアム
※遠征される方はこちらもご参考に
http://osaru.blog.jp/archives/55491593.html