さて、昨日の話の続きです。

 

熊本のホテルで迎えた82日の朝。

 

まずは朝食。

 

おさるは遠征の時に泊まる宿はなるべく安くするので、大概ビジネスホテルになります。シャワー浴びれてベッドで眠れるってのが条件なので、別に高い宿である必要はありません。

 

とはいえ、健康ランドみたいなところはさすがにね。狭くても個室は最低限欲しいのでビジネスホテルが多いかな。

 

toto1等当たったら高級旅館で遠征とかしてみたいですねぇ。


ただ、近年のビジネスホテルは『朝食無料』と謳うホテルが多く、今回の熊本で宿泊したホテルもその類でした。これって一見お得に感じますが、無料なだけあってそんなに種類がなかったりするんですよね。ビュフェ スタイルが多いんですけど、選択肢があまりないし、大満足!って感じたことは今までないですね、朝食無料系のホテルでは。

 

そんなわけで、今回の熊本のビジネスホテルもビュフェスタイルですが、やはり種類も少なく感じました。こなら有償でもいい のできちんとした朝食食べたかったな。


おさるはこんな感じの朝食。

 


スープとコーヒーはありがたかったですけどね。

 

因みにご飯がない代わりにおにぎりがありました。



朝食をとってチェックアウト。



元々の予定では2日目は大観峰でも行って、阿蘇神社総本山行こうかなと計画してたんですが、予定変更して昨 行けなかった熊本城に行きました。熊本城は押さえておきたかったんで。

 

別名銀杏城。日本三大名城の一つで、名将・加藤清正によって築かれたお城。

 

個人的には九州地方の武将と言えば、丸に十字の家門の島津義弘(薩摩の武将)を思い浮かべるんですけど、加藤清正とどっちが名将かっていうくらいのもんですよね。

 

 

ところで、残りの2大名城って姫路城と名古屋城なのかな?

 

調べると大阪城が出てきたり、江戸城や松本城が出てきたりするんでよくわかりませんけど。

 

まあ、いずれにしても国内でも著名なお城です。

 

 

例えば栃木県民に馴染みの深いお城というと、福島県会津若松の鶴ヶ城を思い浮かべると思います(おさるは白河の小峰城が好きです)が、熊本城はさすが有名なお城だけあって規模が全然違いました。

 

門をくぐって迷路のような城壁を抜けて、やっとの思いで天守にたどり着くって感じで、なかなかしっかりしたお城でした。すごかったな。さすが加藤清正。

 

こんな感じの所を抜けて・・・

 




やっと天守が見えてきました。

 


これでも最短距離で行ったんですけど結構時間かかりました。

 

天守の前では忍者コスプレのお兄さんたちが、外国人との記念撮影に応じてました。

 

そういや、熊本城に限らず、あちこちで外国人観光客見かけました。特に中国とか韓国とかのアジア系の方達多かったですね。

 

 


天守の中に入ると、歴史的展示物がそれなりにあり、最上階からの眺めはすごく良かったですよ。遠くに見える阿蘇山とか熊本の街並みとかね。加藤清正の時代は当然違った街並みだったんでしょうけど、名将はここから何を思って眺めていたのかな・・・等と思い巡らしました。

 

とは言え、高い所好きじゃないのでさっさと降りましたけどw

 

 

そして天守の前には『銀杏城』の所以となった大きな銀杏の木がありました。

 

広かったこともあって、意外と観るものが沢山あって楽しめます。それでもおさる達は隅々まで散策したわけではないので、隅々まできっちり観ていったら相当な時間がかかると思います。それくらいお城の規模としてはでかいです。

 

あくまでおさるの主観ですけど、鶴ヶ城を5個並べたくらいの規模があったんじゃないかなと。

 

あれ?お城って何個でいいの?建物だから棟?

 

 

で、お城のすぐそばの城彩苑という所を軽くぶらりした後、次の目的地に。

 

 

ちょっと距離があるんですが、当初の予定でも計画していた『鍋ヶ滝』という所に行こうと。暑かったので涼を求めてドライブがてら向かいました。

 

この鍋ヶ滝という所は生茶のCMのロケ地(松島菜々子が出演していた)です。

 

 

熊本城から車で1時間半くらいかかる山の中にある滝。時間的にお昼頃に到着しそうだったので、滝周辺に食事できるところはないかなとスマホで色々と検索してたまたま見つけたお店に行くことになります。滝から車で10 分程度の場所だったかな。

 

 

因みに道中の途中で一瞬大分県に入りました。それくらい街から離れた山の中。

 

到着したお店がここ。

 

岡本とうふ店というお豆腐屋さんですw

 

山の中の豆腐屋で食事が食べられるという事で、結構お客さん入ってたんですが、然程待たずに食べられました。

 

皆で頼んだのがとうふ定食。

 

水がいいせいかびっくりするくらい美味しかったです。

 

生揚げめっちゃうまかったな。・・・また食べたい。

 

たまたま見つけたお店だったんですが、大正解でした。

 

食事の後、滝に向かいます。

 

 

観光客が多いらしく、対策をされていて、滝に行くにはまず近くの小学校の校庭に造られた臨時駐車場に車を停めます。

 

その小学校の裏手に30人くらい乗れるマイクロバス(無料)が巡回してるので、それに乗ると滝の入り口まで連れてってくれます。小学校からは2 3分くらいの距離ですね。小学校から歩いて向かっている方もいました

 

これが結構並んでて、暑いし大変でしたけどね。

 

滝の入り口で200円を支払い、階段をおりた先にあります。

 

 




そして、滝の裏側にも入れます。

 

 

涼しさとマイナスイオンを浴びてリフレッシュできました。

 

空港まで距離もあるので、ここから空港に向かいます。1時間ほどのドライブで、モノマネがあったり色々と楽しく帰路につきます。

 

レンタカーを返却し、熊本空港から羽田に帰ります。

 

途中、富士山がよく見えました。

 


羽田について、駐車場へ・・・。

 

あれ?車どこ停めたっけ?w

 

いつも停めてる所じゃないので余計にわかんなくなっちゃいました。

 

仲間が覚えててくれて事なきを得ましたけど、一人だったらやばかったかもしれないw

 

帰りの高速もそれなりに混雑していましたが、スムーズに戻ることができ、羽生PAで夕食を。

 

この時点で21時くらいだったんですけど、ラーメン屋とうどん屋しかやってなかったので、おさるはラーメンを。

 

何を血迷ったか、一番辛いラーメン頼んじゃいました。

 

完食しましたけどw

 

そんなこんなで無事帰宅することができました。

 

 

試合自体は散々でしたけど、仲間と笑い合いながら観光したりドライブすることで気持ちが楽になりました。

 

楽しい遠征でした。

 

 

旅に出ると、よく思う事があります。

 

食文化や歴史も違う遠く離れたこの土地にも、こうして暮らしがあって、生活があって、人生があるんだなって。

 

こうして世の中は動いているんだなって。

 

 

熊本の田舎道を歩く少年を見つけ、あいつも夢があって、今を頑張って生きているんだなぁって感じました。

 

また仲間と楽しい遠征行けるといいな。