5月の半ばですが、天気が良かったことで非常に暑く感じました。

 

香川県立丸亀競技場。


 

港に近い立地ですので、風と共に湿った空気が流れ込んで、蒸し暑さも感じました。海なし県民にはちょっときつかったです(^^;

 

 

 

スタジアムではアウェイサポーターおもてなしイベントということで、宿泊をしたサポーターに讃岐うどんと、うどん県パスポート(中味は讃岐うどん店の案内や簡単な観光情報が載ってました)を頂きました。


 

イベント詳細に書かれた施設じゃなくても大丈夫で、宿泊したホテル名を記入することでもらえたので、宿泊した栃木SCサポーターみんなもらってたんじゃないかなw

 

 

おさるはかねてより、ビジターサポへのホスピタリティの重要性を感じております。

 

栃木SCであれば、対戦相手のサポーターはみんな県外のチームのサポーターです。勿論、栃木県内や栃木近県に住む福岡県出身の人がアビスパ戦を観戦に来るということはあるでしょうけれど、多くの場合はそのチームの地元から応援にくるわけで、場合によっては宿泊したり、観光して帰ることもあります。おさるのようにね。

 

そうやって対戦相手のサポーターがスタジアム周辺、或いは宇都宮、栃木県内で観光したり食事や買い物をしてお金を落としていく。当然地域は潤いますし、それが巡り巡ってクラブチーム、或いはJリーグ全体の盛り上がりにも繋がります。

 

 

清原台団地にあるセブンイレブン。おさるも試合前に時々立ち寄ることもあるのですが、その日の対戦相手のユニフォームを身に着けた人たちをよく見かけます。そこのセブンイレブンだけでみても、栃木SCの試合開催のおかげで売り上げがあがっているわけです。

 

こういう事が地域全体の盛り上がりに直結するわけですよね。

 

 

ビジターサポだってお金を払ってチケットを購入しています。ビジターサポが沢山訪れればチームの売り上げにも直結します。

 

毎回アウェイに行けるサポーターばかりではありません。

 

自分の都合や財布の都合、色々な事を考慮してアウェイに行くことを決めます。

 

 

例えば、前橋へ行くのとと水戸へ行くのととほぼ同じ距離に家があったとします。

 

アウェイ群馬とアウェイ水戸。どちらも日程的には都合は大丈夫。だけど、経済的な理由で、どちらかしかいけない。

 

そうなった時に考えるのはチケットが安いかとかもあると思いますが、そのスタジアムがホスピタリティに優れているかも条件に入ると思います。折角行くなら歓迎されているスタジアムの方がいいに決まっていますよね。

 

どことは言いませんが、非常にアウェイ感を感じるスタジアム(チーム)もあるにはあります。スタジアムに入ってもホームサポとビジターサポをきっちり分けて(防犯上の理由ですから、これについては文句の言いようがありません。クラブチームの判断を尊重します。)、ビジターサポはドリンク売店くらいしか利用できないようなスタジアムもありました。(ホーム側はイベントやグルメも沢山楽しめておりました)

 

松本山雅のようにスタジアム内のみならず、スタジアムの外でもウェルカムな雰囲気をもつチームもあります。栃木SCユニ着用して観光や買い物をすると地域のみんな『いらっしゃい』『遠くからお疲れ様』と声をかけてくれる。

 

こういう所はまた行きたいなと思うし、他人に薦めたいなとさえ思います。

 

 

さて、ホスピタリティの話題が長くなっちゃいました。すみません。




 

試合の方は立ち上がりから栃木SCがボールを持てる時間が長かったですね。栃木が押してたのか、讃岐が引いて守備的に行くことでボールを持たされていたのか。

 

おさるは後者であることを感じました。

 

現地観戦で録画をまだみていないので、思い違いはあるかもしれませんが、相手を崩してシュートまで持って行けたシーンは殆ど皆無(幻のオフサイドゴールシーンくらい?)ですし、せいぜいミドルを打つのがやっとだった気がします。

 

そのミドルも讃岐GKの好セーブやバーに当たる不運で得点はできませんでしたけどね。

 

前半スコアレスで折り返すと、後半に入ると讃岐もシステムを替えてやや活発になり、栃木SCゴールを脅かします。GK桜井の好セーブやディフェンス陣の頑張りで無失点に抑えましたが、得点もならず。3試合連続でのスコアレスドローとなりました。

 

 

勝ちきれない試合が続いているのでネガティブになりがちですが、悲観する内容でもないと思いますし、シュートがバーやポストに当たるのは不運としか言いようがありません。それが勝敗を分けると言ってしまえばそれまでですが、おさるはそういうシュートを打てたことを評価したいと思います。

 

攻撃の形はそれなりにですが、作れているし、守備も安定してきています。

 

今のメンバーでできることをできる範囲でできていると思います。

 

そろそろケチャップドバドバくる予感がしますよ。

 

 

 

これで5試合負けなし。

 

順位も14位に浮上。

 

シーズンの1/322チーム中14位で終えました。

 

次節は勢いに乗っている金沢。

 

その後もヴェルディ、群馬、大宮、京都、C大阪と続きますので上位に浮上するチャンスでもあります。

 

金沢には勝ちたいなぁ。


◼︎試合結果


栃木SC 0 - 0 カマタマーレ讃岐

  (前半)0 - 0

  (後半)0 - 0


【交代(栃木のみ)】

64分 杉本 真   → 廣瀬 浩二

74分 荒掘 謙次  → 西川 優大

85分 阪野 豊史  → イ デホン


【会場】

  香川県立丸亀競技場


【入場者数】

 2,389人