本日は節分ですね。

節分とは文字通り、季節の分かれ目で立春の前日が節分になります。つまり明日は立春。

立春とは冬至と春分の日(春のお彼岸)のちょうど間になり、昔から立春は寒さのピークと言われております。

季節の分かれ目には体調を崩す事が多かったことから、季節の分かれ目に邪鬼が住むと信じられ、その鬼を払う儀式が生まれたのが節分の豆まきの始まりと言われています。


はい、サッカーに全く関係ないお話でしたw

まあ、ともあれ、立春は寒さのピークで体調も崩しやすいので、みなさん十分気を付けてください。

逆に言えば、あとは暖かくなっていきます(寒の戻りとかありますけど)ので、春を待ち、シーズン開始に備えましょう。


先日、ガイナーレ鳥取の小針選手の引退が発表されました。
http://www.gainare.co.jp/news/detail/28179/
栃木SCをJに上げてくれたレジェンドの一人ですね。

ドレッドヘアーとチュッパチャップスw

かっこよかったな。

小針選手お疲れ様でした。

平出の練習からの帰りにファンサービスしてくれた後、颯爽と自転車に乗って帰っていく姿を今でも覚えています。

これからのご活躍を期待しております。


小針選手といえば、2008年開幕前のTMだったかで初めてみて凄いキーパー来たぞと思ったのを覚えています。岡田君もその時に注目した選手なんですけどね。

そのTMの最後に柱谷監督(当時)が『みなさんがお友達を1人連れてきてくれれば動員は単純に倍になります。どうぞ、お友達を誘ってグリスタに来てください。』というようなことを仰ったのが印象に残っております。


そこを突き詰めて考えると、普段から栃木SCを話題にする事ってすごく大事なんです。


例えば、おさるも職場で栃木SCの話をよくします。勿論、サッカーを知らない人たち相手に『廣瀬がドリブルで相手DFを引き付けてる間に、空いたスペースに杉本が飛び込んで・・・』なんて話したって理解できませんから、スタジアムグルメでこういうのあるよとか、サポ仲間でこんな人がいるよとか、女性にはイケメン選手がいるよとか、そんな他愛のない話をしてますが、何度も栃木SCの話題をしていると、やはり相手も興味持ちますし、そこから、今度行ってみたいんだけど・・・となることも結構あります。

実際に昨シーズンは会社関係でおさるを通じてグリスタに行ってみたというご家族が何組もいらっしゃいます。


おさるがこうして栃木SCに関する話題をブログに書いております。

それを更新する度にFaceBookやTwitterでリンクをつぶやきます。

そうすると、特に栃木SCに興味なかった人もたまたまリンクをたどってこのブログ見るかもしれない。

このブログを見ることによって、栃木SCに興味を持つかもしれない。

ですから『友人知人を誘わなきゃいけない!』というのではなく、普段から栃木SCの話題をするだけで十分効果あると思うんです。

今ですとキャンプの話題や新加入選手の話題でもいいでしょう。それを栃木SCを知らない人にでも理解できる工夫をして会話する。イケメン選手来たんですよとか、背の高いブラジル人加入したんですよとかね。

そうすると、そのうち『チケットっていくらなの?』とか『カズとか川口とかくるの?』とかそんな話題になりますし、或いは、家に帰って家族や恋人に『うちの会社(学校)で栃木SCのサポーターいるよ』なんて話から、『みんなでグリスタいってみよーか。その人に詳しく聞いてみる!』なんてことになるかもしれません。

ポスターやビラ配りと同様、普段から栃木SCの話題をするのはすごく大事だと思いますし、口コミの効果という意味でも、いい集客活動になると思います。


今シーズンは昨シーズン以上にお客さんが来てくれるといいなと思います。