新ユニフォームのお披露目がありまして、公式にも先行予約の受け付けが開始されました。

http://www.tochigisc.jp/news/article/00006229.html

2015-01-18-11-04-10


で、みていて思ったのですが、ユニフォームが14,580円、これにお気に入りの選手の番号と名前を入れると+4,320円。合計18,900円。

シーズンパスポートが例えばS席であれば46,200円。

これだけで65,100円です。

スタジアムに通う為の交通費、飲食代、各種グッズ代を加算すれば、多くのサポーターは年間10万円以上は栃木SCの為に支払っている計算になります。

ましてや、アウェイともなると、交通費も馬鹿になりませんし、遠地で宿泊を伴うとなると、それだけで数万円は支出することになります。それにアウェイではチケットも購入しなくてはいけないしね。

それを考えると、アウェイまで駆けつけるサポーターは年間に数十万円~下手すると100万円以上のお金を栃木SCを応援する為に支払っていることになります。

お金に対する価値観は人それぞれですし、一概に言えることではありませんが、これだけのお金を支払って応援するということは、ある意味、その人の一部を切り取って応援していると言っても過言じゃないような気がします。

それだけのお金を稼ぐために、仕事をしている・・・労働を行い、お金を得ているわけですから、我々もまたその世界でのプロなわけですよね。

時間も体力もメンタルも削り取っての仕事。まさに自分の一部を切り取ってお金を得ているわけです。

プロサッカー選手が結果を出せなければ解雇になってしまうように、我々も成果を出さなければ収入を得られない世界で働いています。

そうやって苦労して得たお金を栃木SCの為につぎ込む。

逆に言えば、それだけ苦労をして稼いだお金をつぎ込んでいるのだから、応援も真剣になるし、試合内容、結果に一喜一憂してしまうのは当然の事なのかもしれません。


ですから、多くのサポーターにとっては、栃木SCというチームの存在そのものが自分の一部になっているのかなと思います。自分の一部だからこそ、苦労して得たお金をそこにつぎ込める。そして真剣になれる。


もちろん、お金だけの問題ではありませんが、金銭的な観点から見ても、栃木SCを応援する為にみんな大変な思いをしているんだな・・・と、ユニフォームの金額を見て感じた今日この頃w

いや、しかし、ユニフォーム高くなった。仕方ないけれど。


さて、みなさんは何番を買う予定ですか?

おさるは今シーズンはおさるだとわかるユニフォームにしました。

グリスタやアウェイで見かけたら声をかけてくださいね。