昨日、本間選手の完全移籍が発表になり、その後、未発表だった選手の契約更新も発表になりました。

これで、昨年いたメンバーでまだ決まっていないのは、レンタルで所属していた鈴木隆雅選手のみとなります。


さて、気になる記事を見つけました。

【J2】 クラブ別の戦力補強の雑感 (札幌・水戸・栃木SC・群馬・大宮・千葉編)
http://llabtooflatot.blog102.fc2.com/blog-entry-5383.html

この中で、栃木SCの現状までの補強に関して『2013年のシーズン終盤に公になった経営の苦しさもあって、今オフもやや劣勢と言えるが、J2の移籍市場は年明けが一番盛況になると思われるので、ここからどこまで巻き返すことができるか。』とあります。

サポーターの中にも、誰々がこないかな、誰々が欲しいという声も聞こえます。

実際、おさるも●●がこないかなーとか言いますよ。


ただね。


ウィイレとかサカつくの世界ならそれでいいかもしれませんが、実際のサッカーの世界というのは誰かが来たから勝てるというものではないですよね。

どことは言いませんが、選手層が厚く、また、タレント選手を沢山揃えていてもなかなかJ1に上がれない某J2チームもあります。選手を揃えれば勝てるほど甘い世界ではないということを実証されてますよね。

サビア、リカルドロボ、パウリーニョ、クリスティアーノ、水沼、菊岡、當間、渡部、那須川、船山・・・現在J1で活躍されている選手、或いは、J1レベルの選手が栃木SCにはいました。それでも9位より上の成績で終えたシーズンはありません。選手が揃っていても勝てない試合はたくさんありました。


逆に言えば、有名選手がいなくても勝つことがあるのがこの世界。


おさるは仮にこの後補強がなかったとしても、昨年からの更新組の成長、そして熟成。それに期待したいなと思います。

大卒選手、他チームで出場機会のなかった選手も加わりました。彼らが活躍するかしないかというのは実際にシーズンに入らないと分かりません。或いは、昨年からの更新組がさらなる成長をしないとも言い切れません。

ここにあるのは、プレステのゲームじゃなく、人間の行うスポーツ。人は誰も成長します。今いる選手が今後、日本代表クラスにまで成長する可能性だって0ではないのです。

また、仮に有名選手が来たからといって、今シーズンも栃木SCで活躍するという保証もありません。ましてやサッカーは一人でするスポーツではありません。誰かが来たから勝てるわけでもないですよね。


ですから、今いるこの選手達で連携や戦術を深め、そして互いに切磋琢磨して成長し、強いチームを作ってほしいなと思います。


とはいえ、まだ補強はあるはずですけどね。


今回、更新してくれた選手の中には他からのオファーを蹴って残ってくれた選手もいるようです。今シーズンも栃木SCで共に戦ってくれることに心から感謝します。そして、移籍してくださった新加入の皆さんにも感謝しております。今年一年、共に戦えることを心から嬉しく思っております。



まあ、でも今は、補強よりも、日程(対戦カード)の方が気になって仕方ないんです。

開幕は恐らくホームかと思いますけど、2戦目でいきなり遠地とかだと嫌だなぁとか。金沢は北陸新幹線開通後がいいなとか。開幕ホームだと最終戦アウェイになるわけですけど、最終戦遠地は嫌だなぁとかね。

まあ、そうはいっても、思い通りにいかないのが日程君。

どんな波乱な日程になるのでしょうか・・・。