シーズンも終わりが近づき、色々あったなーとふりかえったり、シーズンオフどうしようかなどと思案したりしていて、ふと、サポーターってなんだろう。自分がスタジアムに足を運ぶ理由ってなんだろうな。と思いめぐらしました。

一口にサポーターと言っても観戦の楽しみ方も様々だと思います。

純粋にゲームを楽しむ。或いはプロの技を観て楽しむ。お気に入りの選手を応援して楽しむ。ゴール裏で共に声を出して選手を後押しする。

様々な楽しみ方がある中で、じゃあ、自分は・・みんなは・・・何故スタジアムに足を運ぶんだろう。

勝つ為に・・・と言えば聞こえはいいですが、毎回勝てるわけでもない。勝ち試合が見たいのなら湘南や山雅のサポーターになればいい。

栃木SCが連敗してても、毎回グリスタまで足を運び、遠地のアウェイにまで駆けつける。

いったい何故なんだろう?



先日、サポ同士のふとした会話の中で『栃木SCは自分の一部』『栃木SCは人生の一部』そういうキーワードが出ました。


最初はゲームが面白いから、スタジアムの雰囲気がいいから・・・そんな理由で応援しはじめたかもしれません。しかし、ある程度通うようになると、もう、自分の一部になるんですね。

毎日ご飯食べたり、お風呂に入ったり、或いは、会社にいったり、学校にいったりと、自分が生きていく中であたりまえに行う事ってあるじゃないですか。

もう、そういうものなんじゃないかなと。

そして、自分という人間を形作る一部分であると。

例えば、誰かがおさるを説明するときに『栃木SCサポーターの・・・』と必ずつけると思います。もう、自分の一部ってことですね。


そして、もう一つ、そこに行けば誰かに会えるというのはあります。

同じチームを愛し、応援する仲間。

名前なんて知らない。

どこに住んでるかもわからない。

だけど、栃木SCがゴールすれば一緒に歓喜する。

負ければ、お互いに慰めあえる。

そういう仲間が沢山いるからスタジアムにいける。

おさるはそんな風に思います。


何回かスタジアムに通ってる人で、『スタジアムに知り合いはいない。』という人がもしいたら、間違いに気付いてほしいなと思います。

スタジアムに通う人たちは全員仲間です。
同じ方向を向いて、同じチームを愛し、応援する仲間です。

どこの誰かもわからない。

だけれど、栃木SCがゴールし、勝てば一緒に喜びを分かち合える。

勝利の帰り道、知らない誰かが嬉しそうに帰路に就く姿を見れば、やっぱり嬉しいし、よかったね。気を付けて帰ってねという気持ちになります。

もう、それが仲間意識なんですね。


仲間が沢山いる場所。

そこに行けば一緒に喜びや悲しみを分かち合える。

それが自分の一部。

おさるにとっては栃木SCってそういう存在なんじゃないかなと思いました。



さて、別記事に長崎戦のリンク集を作ってみました。
ブックマークして頂ければ、当日の備忘録になるかなと思います。
よかったらご活用ください。

試合の天気は恵まれそうですが、防寒対策をお忘れなく。