いよいよリーグ今年最後の試合となりました。

個人的に今シーズンを振り返ると、ホームは全戦(あと1試合残ってますが)観戦できました。アウェイは愛媛、北九州、大分、磐田、熊本の5試合のみ遠征できませんでしたが、それ以外は全部行けました。

なので今シーズンは全部で37試合、現地観戦できたことになります。


今年のアウェイも、試合以外で沢山のドラマがありました。

讃岐ではうどん食べまくったり(1日に7店舗くらい行きましたw)、夜の丸亀の小さな飲み屋で現地の人と盛り上がっちゃったりねw

福岡では驚くほどおいしいもつ鍋に舌鼓をうったりもしました。福岡サポさんのとの再会もありました。福岡は毎回楽しいな。

そして忘れられない札幌の珍道中(上富良野のよしみちゃん元気かなw)。元栃木SC岡田君のお店に行けたのもうれしかったな。相変わらずのイケメンでしたw

でも、湘南、アルウィン、富山はもう来年はいけないんですね。まあ、かわりに違うスタジアムに行くことになるんですが。湘南は平塚港の『あぶさん』て店は美味しかったですよ。


サッカーのアウェイ観戦というのは色々な方法があります。

例えば1台の車に乗り合わせてスタジアムに向かい、応援したらそのままとんぼ返りという弾丸ツアー的な遠征もありますし、バスツアーを利用されている方もいます。おさるは基本的に『旅行も兼ねて』というスタンスですので、事前に調べて途中で観光したりしながら行くことが多いですね。

昔は京都まで車で行ったこともありますが、基本は岐阜、富山までが車で行く範囲と決めています。おさるが無理のない範囲で行ける距離がそのあたりかなと。それ以上の距離になると、電車や飛行機などを利用します。

ですので、来年の金沢はどうしようか思案中。北陸新幹線開通になりますので、新幹線の方がいいかもしれませんね。(でも車で行きそうw)


そして今年の5月のアウェイ長崎。

この時は現地まで1人で行って、現地でサポ仲間と落ち合って過ごしました。

土曜日の早朝の羽田から長崎まで飛行機。長崎空港からレンタカーで佐賀県に。長崎戦前日の土曜日は佐賀県鳥栖市のベストアメニティスタジアムで鳥栖対大宮の試合がありました。ここのスタジアムでサポ仲間と落ち合って観戦。スタジアムには松本育夫さんもいらしてましたよ。

鳥栖ではかしわうどん食べました。すげーおいしかった。

鳥栖対大宮観戦はこちらの記事にしています。
http://osaru.blog.jp/archives/54841760.html

試合の後は長崎に戻り夜の街へ。長崎ちゃんぽんもおいしかったな。そして翌日軽く長崎観光(グラバー亭でハートの石見つけましたよ)してスタジアムへ。そういえば、道中、長崎サポさんの女の子と話しながら行きました。最終節はグリスタにいらっしゃるのかな?スタジアムでは九州在住の他サポ友達と再会。

そして試合は1-1の引き分けでした。

試合後そのまま長崎空港で車返して選手と同じ飛行機で帰宅。地方遠征だと選手と同じ飛行機になることが結構あります。

長崎のスタジアムの雰囲気や、長崎の坂が多くて路面電車の走る雰囲気がとてもよくて、すごく印象深い遠征でした。


その長崎と最後に戦うことになるんだな。


長崎はプレーオフ進出の可能性はなくなり、栃木SC同様、あとは少しでも上の順位でシーズンを終えるべく試合に臨んできます。対する栃木SCは今シーズン初の3連勝がかかる試合。もう、気持ちと気持ちのぶつけあいですね。気持ちでは絶対負けないでほしい。

現在11位の長崎はこの試合勝っても順位が上がることはありません。しかし、現在13位の栃木SCは勝てば11位まで上がる可能性はあります。今年のJ2は全部で22チームですので、せめて半分の11位でシーズンを終えたいなと思います。

今後、栃木SCに残る選手、去っていく選手、様々だと思いますが、チームの為、サポの為、支えてくれた家族や周りの人の為、そしてなにより自分自身の為にシーズン最後の試合に臨んでほしいと思います。


対長崎とのJリーグ通算戦績は0勝2分1敗。一度も勝ってないんですね。ここで勝って戦績をイーブンにしましょう。

長崎は1トップ3バックのチーム。何度か試合をスカパーで観ましたが、どちらかというと攻撃的なチームかなと思います。サイドからクロスを上げて前線が押し込む。そんな攻撃パターンが多い。かつての横浜FCや熊本同様、高木監督らしいサッカーをするチーム。

ただ、栃木SCも同様ですが、さほど決定力がある感じでもないですね。特に引いた相手を崩しての得点というのはあまりないような気がします。

栃木SCはメンタルに左右されやすいチーム。前節のようなターニングポイント(相手がPKをはずす)とか、前々節のように緊迫した展開で先制点を取れたりするとイケイケになりますが、失点したりすると沈んでしまう所がありますので、早い時間に先制すれば、最後のホームですのでスタジアム全体が沸き、選手のムードも高まります。そして追加点を奪い、無失点で終わると。そういう展開になってほしいなと思います。


尚、最終戦は必ず全試合同じ時間に始まります。14時キックオフです。

泣いても笑っても、今シーズン最後の試合。

悔いの残らぬよう、しっかり応援しましょう。