サッカーの観戦。大前提にあるのは、当たり前の話ですが、サッカーの応援の仕方は人それぞれで、それは誰からも強要されることなく、自由であるべきです。

スタジアムに行ってのんびり見ててもいいし、テレビで熱く応援したっていい。それこそ対戦カードによっては両方を応援する・・・なんて楽しみ方ももしかしたらあるかもしれません。

勿論、ゴール裏に行って一緒に声を出したって一向に構いません。栃木SCのゴール裏は誰でも自由に参加できますし、初めてであれば周りに声をかければ誰かが教えてくれます。不安であればおさるが案内したっていいです(おさるを知ってる人限定になっちゃいますね(^^;)。

とにかく、どんな観戦方法だって、それは自由だし、誰に強要されるものではありません。それは大前提です。

但し、ゴール裏でみんなが声を出してる所で黙ってみていたのなら、やはり場違いですよね。観戦スタイルは自由ではありますが、観戦場所のマナーはあります。

例えば、釣り堀でみんなが大人しく釣りをしているのに、ラジカセ持ってきて大騒ぎしてるのはやはり場違いだし、迷惑ですよね。


それから、初めてスタジアムに人を連れてくると、『ユニフォームを着なくてはいけないの?』『一緒に声を出して応援歌(チャント)を歌わなきゃいけないの?』といった声を聞くことがあります。前述のように、そんなことはなくて、本当に自由に観戦できるのがサッカーの良さです。

サッカー観戦そのものも、戦術や駆け引きを楽しんだし、プロの技を楽しんだり、或いは女性であればイケメン選手の活躍を楽しんだり、色んな楽しみ方があります。ご家族でピクニック気分でいらしても構いません。ゴール裏であれば選手と共に戦う一体感を楽しむことだってできます。

イベントやスタジアムグルメを楽しむのも楽しみ方のひとつです。


ですから、もっと気軽に自由にスタジアムに足を運んでほしいなと思うし、逆にサポーターの方はあれこれ制約を言わずに、自由に観戦してくださいということを周りに伝えてほしいなと思います。


因みにですが、サッカーの『サポーター』の定義ってなんだとおもいます?

おさるはそのチームを応援していれば全員が『サポーター』だと思っています。スタジアムに行く・・・それだけでチケット収入になるし、何かグッズや飲食売店で買い物をすれば、それもチームの収入になります。お金でサポートしていることになるんです。そして、何より観客席が埋まれば埋まるほど、選手のモチベーションにもつながります。

勿論、テレビで観戦してても立派なサポーターですよね。スカパーであれば放映権のからみもありますし、地方局(栃木SCでいえばとちぎテレビ)の放送であれば局からの収入もありますしね。

ですので、栃木SCを応援していて、1度でもスタジアムに足を運んだことのある人、或いはテレビ観戦をされてる方は『サポーター』であり、『12番目の選手』であり、同じ栃木SCの一員だとおさるは思います。

例えば周りに『栃木SCを応援しています』と公言されてる方が、何か目立つこと(いいことでも悪いことでも)をした時には、『ほら、あの、栃木SCを応援してる・・・』っていう風に見られますし、当然チームにも少なからず影響が出てきます。そういう意味でも同じチームの一員なんです。

ですから、自分はスタジアムに通ってるけど、サポーターじゃないんで・・・という方は気持ちを改めてほしいなと思います。少なくとも周りからは同じチームの一員として見られています。


サッカー観戦を知らない人にとっては、スタジアムは閉鎖的で特殊な世界のように感じると思います。

でも誰でもウェルカム。ゴール裏の熱いサポーターの所だって男女問わず、小さいお子さんからお年寄りまで色々いらっしゃいます。

そして、応援しているチームがゴールを決めた瞬間や勝利の瞬間は格別の思いを感じることになります。

ちょっといってみよーかな?と迷ってる方。

初めてグリスタに行かれる方への案内記事も以前記事にしております。
よかったらご参考にどうぞ。
http://osaru.blog.jp/archives/54838447.html

尚、今年はグリスタでの試合はあと3試合しかありません。

今度の日曜日10月26日のアビスパ福岡戦と11月9日(日)の岐阜FC戦、最後の11月23日(日)のVファーレン長崎戦の3試合のみ。

今度の日曜日は天気もよさそうです。

友達同士で、恋人同士で、或いはご家族で、一度楽しんでみませんか。もちろんお一人様大歓迎。1人で行くって人もかなりいらっしゃいますよ。


・・・ってもっと違うこと(応援スタイルの違いとか)を書こうと思ったのに、ただの案内になっちゃったw

でも、本当にたくさんのお客さんに来てほしいです。今度の日曜日はグリスタにいこーよ。11時開門の13時キックオフです。