今週末の北九州戦。

先日のブログに書きましたが、栃木県内の少年サッカーチーム(202チーム)がグリスタに勢ぞろいし、選手権大会の開会式が行われます。チーム関係者や保護者も含めるとものすごい人数が集まります。

その後、ほとんどの子供たちは栃木SC対ギラヴァンツ北九州の試合を観戦することになるそうです。

プロの技と、プロのメンタリティ。そういうものを未来のJリーガー(海外行く子もいるかな?)に魅せて欲しいですし、子供たちもプロの試合を観て、将来の糧にして欲しいなと思います。

さて、北九州は現在リーグ4位。対する栃木SCはリーグ15位。

・・・栃木不利だと思います?

北九州はここで負けてもプレーオフ圏内維持できます。(まあ、維持できてもプレーオフ出られませんが(^^;)栃木SCはもう後がありません。つまり、メンタル的には栃木SCの必至度の方が高いぞと。

しかも、栃木は前節の時点で8位だった京都に勝利(2-1)しています。かたや、北九州は前節の時点で最下位の富山に引き分け(2-2)ており、流れは栃木にあります。

そして、これまでの北九州との対戦戦績ですが、昨年の2試合(2-0、3-2)と今年の前期アウェイでの対戦(1-0)でも、栃木が勝利しています。つまり、ここまで北九州に3連勝中。相性的には抜群。

しかも、次節は栃木SCのホーム。

・・・圧倒的有利だと思いませんか?


これまでの北九州の戦い方を見ると、4-4-2でしっかり守ってカウンターというパターンが多い。

最後まで運動量が落ちずに粘り強く得点する印象があります。

栃木SCとしては、序盤から主導権を握り、複数得点した後、最後まで気を抜かずに守りきると。そういう戦いが求められるのではないでしょうか。

不安要素があるとすれば、運動量の落ちた時間の守備ですね。今シーズンの栃木SCは守備的な采配をしませんので、後半の残り時間の少ないタイミングでの失点が怖いですね。北九州は今シーズン、後半の得点が多い(60分以降の得点が圧倒的に多い)。ですので、その時間帯をどう守りきるか。恐らく阪倉監督は攻撃的にいくことで相手にチャンスを作らせないという采配でいくとは思いますが、それがうまくはまるかどうか。


北九州の予想フォーメーションはやはり原と池元のツートップ。両サイドに内藤と小手川。ボランチが風間と八角。CBが前田と渡邉。SBが多田、星原。GK大谷。まあ、これで固定してるっぽいので、次節もこれで来ると思います。

栃木SCはツートップは前節調子よかった杉本と大久保で来るとは思いますが、ボランチをどうするか。個人的には岡根と本間のコンビはいいなと思うのですが、どう采配されるでしょうかね。


ところで、現在4位の北九州。J1クラブライセンスがおりておりません。
http://www.j-league.or.jp/release/000/00005359.html

その為、このままの成績でもプレーオフ出場はできません。そうなると、プレーオフは7位のチームも出場できる可能性もあるのかなと思ったら、繰り上げはしないそうですね。
http://www.j-league.or.jp/playoff/2014/
その場合は上位チームがシードになって3チームで行われるんでしょうね。

というわけで、例え優勝しても(残り試合数考えたら優勝の可能性もないのか、湘南恐るべしw)昇格できない北九州がこの順位ということで、ものすごいメンタリティをもって試合されてるんだなとリスペクトします。これはすごい。

でも、リスペクトはしますが、試合は栃木SCが勝ちます。勝って少しでも順位をあげていきましょう。

栃木SCのシーズン終盤の怒涛の追い上げをみせる時です。

さぁ、次節も勝とう。