久しぶりに更新してますw

さて、今週末はアウェイ北九州戦。

5月31日(土)14時~北九州市立本城陸上競技場で行われます。


昨シーズンの北九州との対戦では栃木が2勝。通算成績でも栃木が勝ち越しています。そういう意味ではチームに対する苦手意識はないかなと。


数字の上でみると、北九州はここ5試合で3勝1分1敗。非常に調子がよいように見えます。


ただ、北九州は勝利しているのが群馬、富山、横浜FC。そして岐阜に引き分け、ヴェルディに敗戦していると、まあ、北九州のメンバーと対戦相手のメンバーを見ますと、順当な成績かなと。

対する栃木はここ5試合で1勝2分2敗。

札幌に勝利したものの、長崎、熊本には引き分けており、湘南、岡山には敗戦。

栃木もまあ、妥当と言えなくもないでしょうが、あの湘南に善戦した事を考えると、岡山に敗戦したことや、熊本戦の前半の動きはちょっと不安要素か。


出場停止選手は北九州は前田和哉。

まえだ



























栃木は西澤代志也。
player-main02


















前田は守備の要ですね。出場停止することがどう作用するか。栃木も層の薄いボランチで活躍中の代志也が抜けることがどう作用するか。この辺も見所ですかね。


北九州の柱谷監督は、JFL時代の栃木の監督でもありました。戦術に縛るタイプではなく、選手能力や対戦相手、試合状況によって変えてくる感じの印象。とはいえ、割とオーソドックスな指示・采配をするタイプかなと思います。


恐らくスタメンだと思いますが、ツートップの原とエース池元。この二人の存在は怖いですね。

haraいけもと























































あと、個人的には八角に要注意かなと。
hakkaku8



























対する栃木は立ち上がりの脆さをどう改善したか。選手個々のメンタル的な要素もあると思います。ここは指揮官の指導力も問われるのではないかと思います。


達也とコンビを組むボランチは誰が入るのか。CBもドゥドゥと誰が組むのか。サイドバックも山形と誰が組むのか。ツートップはどうなるのか、サイドのスタメンは?など、どのメンバーが入ってくるかも楽しみですね。


今シーズンここまで見てきて、前半立ち上がりに限ったことではないのですが、ディフェンスの裏を突かれるというよりは、ふっとマークが外れて(外される?)からの失点、或いはピンチが多い気がします。なんか、もっと集中しろよ!と言いたくなるような場面が時々見られるのがちょっと心配。


栃木は強力な"個"がいない分、組織力で北九州を上回り、是非とも勝利して欲しいなと思います。北九州のあとは6月7日のアウェイ山形戦を経て、6月14日(土)にホーム戦、大分戦があります。北九州に勝ち、山形にも勝って、連勝してのホームを迎えましょう。


6月のホーム戦はこの6月14日(土)大分戦のみとなります。その次のホームは7月5日(土)の富山戦です。
スタジアムに来た事のない方はこの機会に是非スタジアムに足を運んでみてはいかがでしょうか。