sIMG_1610

だいぶ遅くなりましたが開幕戦の話題を。


後援会の実行委員なので、パブリックビューイングのお手伝いをすべきだったんですが、開幕だけはどうしても行きたかったので無理して甲府へ。


sIMG_1662

今期、選手も大幅に変わり監督も変え、1からのチーム作りを余儀なくされている甲府に対し、多少の入れ替えはあったものの、チーム作り的には熟成しつつあるといってもいい栃木SC。


前回の記事で、油断は禁物だが楽勝的な感じで書きました。


実際、チーム状況を見ると、試合中の甲府もミスが多く連携もイマイチな印象を受けました。


しかし、それ以上に栃木の連携の悪さ、ミスの多さが目立つ試合となりました。


結果は1-2。


臼井の見事なスルーパスからの廣瀬ゴールが見られたものの、それ以外のチャンスは相手GK荻の見事なセーブに阻まれてしまい、得点ならず。


逆に栃木の守備の甘さ、連携の悪さを露呈する試合となりました。


特にDF4枚あったときに、SBがあがる→ボールを奪われカウンターを食らうとなった時のケア。


ボランチが下がって4枚になるのか、3枚のまま対応するのかが曖昧だったり、サイドをえぐられて2人のCBがつられて対応に行って真ん中ががら空きになったりとか、守備の連携が非常に悪かった気がします。


特に當間は元々SBだった為か、ラインコントロールがイマイチだった感じでした。守備のラインは誰がどう指示を出しているのか。山形にしても臼井にしても、當間も柳川もキャプテンシー発揮してたとはお世辞にもいえないし、武田も守備に対してうまく指示してたようにも見えない。


こういう守備の連携の悪さをみると、大久保の存在は大きかったんだなと感じずにはいられません。キャプテンシーも発揮してたしね。


勿論、この4人の能力は非常に高いですし、非常に才能に長けた選手たちだと思います。しかしサッカーは団体競技。互いの距離感とか連携をもっと高めていく必要があると思います。



それから気になったのはボランチの2人。


もちろん、二人とも非常に能力の高い選手なんですが、コンディションが悪いのかなんだか知らないですけど、キックミスも多く、上がりも遅ければ、守備への戻りも遅い。なんか、この二人だったら、どちらかを菅にすべきだと思います。コンディションが悪いのか戦術浸透度が低いのか知りませんけど。



サビアと廣瀬の調子も本調子とはいえなかったですね。廣瀬も得点シーン以外はあまりよくなかった。

逆に河原がものすごく調子がよかっただけに、失点はもったいなかったなと思います。



後は全体的にミスキックが多かったのが気になりました。パスはことごとくプレゼントパスになってしまうし。なんなんですかね。あれ。


逆に開幕戦で勝利のない甲府が、ミスもありながらも泥臭くせめて行くという"必死さ"を見せてくれたように思います。敵ながら、甲府の気概には感動すら覚えました。


この敗戦は長いシーズンのうちのたった1敗かもしれません。


ですが、こんな負け方してるようでは・・・。


例えば、名の知れたラーメン屋に行ったとします。


ラーメンを注文したら、スープは冷め切ってて、麺も伸びてる。味もただしょっぱいだけで対してうまくもない。

そんな店に行ったら皆さんどうします?


多くの人は「もう二度と来ない!」と思うと思います。「あそこのラーメンまずいよ。やめておきな!」と友人に伝えるかもしれません。


それが、たまたま店主のコンディションが悪かっただけかもしれない。店員同士の連携がたまたま悪かっただけなのかもしれません。気候や湿度や様々な条件で、たまたまいいラーメンができなかっただけかもしれません。


だけど、そんなの言い訳にならないですよね?


趣味でやってるんじゃないんです。プロとしてお金をもらっている以上、結果がすべて。



たまたまコンディションが悪かっただけ?


メンタルや気候や仲間のせいにする?


練習不足を理由にする?


アマチュアのサッカーならそれもありでしょう。

誰かのせいにして、何かのせいにすりゃ楽ですしね。


だけど、ここはプロの世界。

結果がすべて。

結果が出なけりゃ叩かれ、蔑まされ、お金もファンも離れてしまう世界。


なんか、その辺の甘い気持ちがプレーに出てたように見えました。


悠介が「誰かがやってくれると思ったら大間違い」みたいな発言をしてましたが、まさにそんな印象でした。

お前が行けよ!お前が走れよ!


そういいたくなるような試合でした。


J1目指してるチームであるならもっと勝ちにこだわって欲しいです。


ト-タルでみると、この敗戦は個人よりも、采配も含めた指揮官の責任が大きいかなと思いました。


次のホーム開幕までにどう変えてくるか、この敗戦をどう生かすか注目したいと思います。菊岡やパウリーニョに頼るサッカーをするようでは、今年の昇格もないでしょう。去年の二の舞です。

しかし、連携やメンタルも含めた「甘え」を克服してサポーターに明確な意思を見せてくれれば、今シーズン期待できるかなとも思います。


次ですね。


P.S.
甲府鳥モツ煮、非常においしかったです。
sIMG_1614


以下おまけ画像。
sIMG_1697

sIMG_1709

sIMG_1761

sIMG_1766

sIMG_1770

sIMG_1774

sIMG_1785


sIMG_1794

sIMG_1830
sIMG_1718

sIMG_1721

sIMG_1723

sIMG_1856

sIMG_1861