sIMG_1366

Jリーグというか、J1を主に観戦されている方にとってhは、シーズン開始直前のイベントといえばゼロックススーパーカップかと思います。ちなみに今年は3月3日(土)に柏とFC東京とで行われます。


栃木SCはJ2チームですし、天皇杯も早々敗戦しておりますので、あまり関係はないですが(それでも、昨年同じリーグで対戦してたFC東京と、一昨年同じリーグの相手で、ロボや渡部の在籍する柏という意味では、栃木サポにも感慨深い試合になるかなと思いますが)、栃木SCにとってのシーズン開始直前の一大イベントということで、プレシーズンマッチ。



昨年は浦和と対戦しましたが、今年は横浜Fマリノスとの対戦。J1でも屈指の強豪チーム。


このブログでも記事にしてますが、昨年11月に天皇杯で対戦し、0-3で敗戦した相手。


シーズン前にお客さんを入れての運営のリハーサル的な意味合いもあると思います。


チームにとってもいい形で開幕に入るということで、最後の本格的なトレーニングマッチ的な要素もあるかと思います。


新しく生まれ変わったオーロラビジョン。

おさるは後援会の集まりなどで何度か訪れて、その美しさを既に見てはいましたが、実際に試合での様子を見るのはもちろんはじめてで、選手紹介前のムービーや選手紹介は非常によかったと思います。


ただ、ムービー、選手紹介、Jリーグムービーなどの流れが悪く、途切れ途切れになってしまうこと、それから試合中の再現ムービーもタイミングが悪いこと(スカパーの映像そのまま流してる感じでしたね)など、ハードに対してソフトの面でまだまだ改善の余地はありますが、それでもあれだけすばらしい装置ができたことは非常にうれしいですよね。シーズンが楽しみです。


栃木県知事の福田富一知事の挨拶(なかなか面白かったですよね)があり、選手が入場し試合が始まります。

sIMG_1390

sIMG_1381

sIMG_1383

sIMG_1394

sIMG_1488

sIMG_1489

■試合と各選手の感想

ほぼベストメンバーで挑んできたマリノス。俊輔、マルキーニョス、大黒に斉藤学、兵藤に小椋という夢の様なメンバー。守備陣も中澤に栗原という代表レベルの選手がそろうという。個の能力は圧倒的にマリノスのほうが上。

そんなマリノスに対して、高い位置からの積極的なプレス。手堅い守りからのカウンター。前に放り込むだけではなく、時にはドリブル、時には鋭いパスと、随所に新戦力のよさが垣間見えました。ぶっちゃけ、マリノス相手にここまでやれるんだというのが率直な感想。


試合はセットプレーからの菊岡キック→當間がヘッドで合わせ先制。これを守りきり勝利というね。

sIMG_1441

前半インターセプトもできてたしカウンターも機能してただけに、後半、俊輔が下がって組み立てをするようになると、俄然マリノスペースになってしまったことは課題ですかね。


まあ、でもあれだけのすばらしいチーム相手にここまでやれたのはよしと考えてもいいかなと思います。無失点に抑えたことは評価すべきだし、強豪相手に1点差で逃げ切ったっていうのは精神的にも非常に難しい試合だったと思います。


開幕を控えてのこの時期にこれだけの試合をやれたのはおさるは評価すべきだと思いますし、今シーズン、J1昇格目指してやっていくにあたり、仕上がり上々かなと思いました。


個々の選手に目を向けると、。やはり菊岡から始まる攻撃の流れはすごくいい。
sIMG_1438
菊岡が途中交代してからはチームの攻撃が単調になってしまったことを考えると、やはり菊岡の存在は大きいなと思います。パスセンスもあるし、ボールを持てることでタメも作れる。和正もタメを作れるタイプの選手なのでこういう選手が二人いると中盤が落ち着いていいですね。攻撃陣もスペースを見つけて裏へ飛び出す余裕もできる。


最終ラインの4人が全員新加入の選手であることで不安はありましたが、當間や柳川の守備は地味によかったですね。サイドバックの臼井や山形もそうですが、J1でやってた選手ですので、さすがにレベルが違う。みてて安心できる存在でした。


柳川もきっちり守れるし、何より山形が地味にいい!監督が欲しがる理由がよくわかりました。守備の位置取りがうまく、また、ばたついてた杉本を後ろから追い越しボールを受けると、するするっと相手(俊輔とか中澤とかですよ!)をかわしてバイタルまでボールを運んでしまうっていうね。攻撃に関してもチャンスを作れるっていう。

入江がすげーとか言ってたレベルとはぜんぜん違います。入江は入江でよかったんですけどね。山形は戦術も完全に理解してるし、ポジショニングもいい。守備もきちっとこなし、ここぞというときはファウルしてでもとめるっていうね。そして攻撃もできる。プレーに迷いがない。


途中で入ったデヒョンもレベル高かったですね。やや守備の安定感にかけますが、素質のある選手だと思います。絶対化けてくれると思います。


河原もチャンスを作っててよかったな。一昨年のあのワクワクしたカワ戻ってきたかなと思いました。


スキンヘッドにしたジャイロ。まあ、彼にとっては中澤も俊輔も知らない相手なんでしょうけど、思いっきり突っ込んでいっちゃうのにはあせりました(^^;

sIMG_1562
相手に対する威圧感はなかなかのものだと思います。彼はこれからの選手ですね。


そして、やっぱり俊輔はすごかった。パスセンス、パス精度、どれをとっても超一流ですね。ワールドクラスといってもなんら過言じゃないですよね。あんなプレーをグリスタで目の前で見れたっていうのは、敵味方関係なしに素直に嬉しかったです。
sIMG_1407

ボンバー中澤もさすが代表でやってただけの存在感でした。ぜーんぶ中澤のとこで止められてた感じでしたよね。

sIMG_1496

エヒメッシ斉藤も、マルキーニョスも大黒もやっぱりうめーなと思います。個に頼るあまり、連携がよくなかったですけど、そこは樋口監督。徐々に組織的なチーム作りをしていくことともいますし、そうなればマリノス無敵じゃね?

それくらいのチームだと思います。


逆に言ったらそのマリノスに勝ったんだから、栃木無敵じゃね?


というわけで、今年は、応援するおさるとしては昇格は目指してません。優勝を目指して応援します。


そして来週はいよいよシーズン開幕。アウェイで甲府との対戦。勝って開幕ダッシュで大きく差をつけたい所。山梨までいけない方は、宇都宮パブリックビューイングがあります。ご当地アイドルT!Pも登場しますよ。


尚、PSMの試合結果と試合前のスタジアムの様子は後援会ブログのほうにもアップしてあります。
http://blog.livedoor.jp/tochigisc_kouenkai/archives/3495476.html

以下おまけ画像
sIMG_1423

sIMG_1457

sIMG_1465

sIMG_1471

sIMG_1498

sIMG_1528

sIMG_1545

sIMG_1550

sIMG_1537