みなさんは栃木SCのサポーターですか?


・・・と聞かれて、『はい、サポーターです』と堂々と答えられる方が何人いらっしゃるでしょうか。


恐らくおさるのこのブログを見てくださってる方でも、『栃木SCを応援しているけれど、サポーターと言うほどでは・・・』と答える方も多いのではないでしょうか。


では、サポーターってなんですかね?


ゴール裏で声を張り上げて応援している人たちのこと?


毎試合、アウェイにも必ず参戦する人たちのこと?



ちなみにおさるはホームは毎試合参戦してますが、アウェイは全ては参戦できていません。また、試合中はゴール裏にもいません。


ですが、堂々と胸を張って『サポーターです』と答えます。


何故ならおさるは毎年シーズンチケットを購入し、後援会にも入会してさらに実行委員として活動を行い、スタジアムではレプユニやタオマフをはじめとするグッズを購入し、飲食売店でも(たまにですが)買い物をしています。


スタジアムに足を運んで応援するということ以外にも金銭的、或いはボランティアで後援会活動を行うなど、チームをサポートしている自覚があるからこそ、胸を張って『サポーターだ』と言います。



サポーターというのは、文字通り、チームをサポートする人たちのことをいうんです。


つまり、一度でもスタジアムに足を運んだり、グッズを購入するなど、何らかの形でチームにお金を使えば、それが当然チームの運営資金になるわけですし、選手の給料の一部になるわけですし、チームを(或いは選手を)サポートしたことになります。


皆さんも栃木SCに対してお金を使ったことはありませんか?友達に『栃木SC(グリーンスタジアム)面白いよ』と、ポジティブに話をしたことはありませんか?


おさるのブログを見てくださっているような方であれば、殆どの方がチームに対してお金を落とすなど、サポートしているはずなんです。


ですから、殆どの皆さんはサポーターなんです。


一度でもスタジアムに足を運んだことのある方であれば立派なサポーターなんです。


そして、サッカーにおいてサポーターとは、チームの一員です。12番目の選手なんです。



仮の話ですが、あなたが今年のホーム開幕で初めてグリスタに行かれたとしましょう。


友人に借りた栃木SCの黄色いTシャツを着て、スタジアムでタオマフを購入します。
フードコートではアウェイのサポーターも沢山いることでしょう。


もし、フードコートでアウェイのサポーターが何か困っていた時に、優しく声をかけ、手を差し伸べてあげることができたら、アウェイのサポーターはあなたに感謝すると共に、栃木SCに対してもいい印象を受けることになるということは容易に想像できると思います。たとえあなたが始めてのスタジアムだったとしてもです。



実際、おさるも一昨年だかの仙台戦でユアスタに参戦した際、栃木SCのユニを着ているおさるに対して仙台サポさんが非常に親切にしてくださいました。


もちろん、仙台サポさんにもいろんな方がいらっしゃるとは思います。いい人もいるように悪い人だってもしかしたらいるかもしれません。


ですが、おさるはその時の印象で、仙台というチームそのものに対してまでも、すごくよい印象を持つようになりました。



皆さんは会社や学校で、或いはご家族や友人から『栃木SC』と枕詞がついたことはありませんか?


つまり、おさるであれば『栃木SCサポのおさる』『栃木SCといえばおさるが詳しいよ』みたいなね。
そんな風に言われているということは、チームの一員として『栃木SC』を背負っているといっても過言じゃないと思います。



自分はサポーターじゃないから・・・とは言わずに、一度でもスタジアムに行ったことがあれば、一度でもテレビで応援することがあれば、あなたは12番目の選手であり、栃木SCの一員です。


栃木SCの一員であることを自覚し、スタジアムはもとより、普段の生活でも栃木SCの名に恥じない生活をしてほしいなと思います。


あなたが犯罪を犯せば『あいつ、栃木SCのサポーターだったんだぜ』と言われ、チームや選手や他のサポーターにも迷惑をかけます。チームの一員になるということはそういうことなんです。好むと好まざるとにかかわらず。



・・・いつだったか(明るかった記憶があるのでデーゲームのときだと思います)、スタジアムで観戦した帰りの駐車場に向かう道で11番のレプユニを着て、歩きタバコで帰る若者がいました。スタジアムの帰りですから小さい子供も沢山歩いています。試合後なのでわりと混雑している状態です。


さすがに「歩きタバコやめなよ。小さい子供もいるんだから」と注意したんですが、うるせーなー!と言わんばかりにおさるをにらみつけ、足元にタバコを捨てて去っていきました。


これだけのことで11番のユニフォームの印象が悪くなりました。もちろん、河原選手には何の罪もありません。・・・ですが、彼のシャツを着ている以上、彼の名前を背負っているということにもなりますよね。


その歩きタバコの青年は、河原選手の名前を背中に背負っているという自覚。或いは栃木SCの一員であるという自覚に欠けていたんだなと思いました。もし、この歩きタバコの青年が違うチームのサポであったなら、そのチームの印象さえも悪く感じていたと思います。「あのチームはサポがよくねーよな」みたいなね。たった一人のサポのせいでそう思うことさえもあります。



みなさん自分がサポーターだって自覚してましたか?


自分の行為が、世間の栃木SCに対する・・・或いは、熱心に応援してレプユニを着ている選手に対す印象までをも変えてしまう可能性があるということを自覚していましたか?


チームは我々も含めた全員で作ってます。


あなたは栃木SCのサポーターです。

我々がいいことをすれば栃木SCのサポーターはいい人だね。と。

悪いことをすれば栃木SCのサポーターはだめだね。と言われます。


チームの一員としてその名に恥じぬように行動してほしいなと思います。


アウェイのサポさんも、試合中は敵であっても、試合が終われば同じサッカーを愛する仲間です。

是非親切にしてあげて、栃木SCの一員としてチームの名に恥じぬような行動を心がけてほしいなと思います。



えらそうなことを言いましたが、チームも上を目指している以上、我々も高い位置で立派なサポーターに成長していかなくてはいけない時期にあると思うからこそ、あえて記事にしました。チームがJ1を目指しているように我々もそのレベル以上のサポーターになりましょう。

本格的にシーズンが始まる前にどうしても書いておきたかったことです。