今シーズン初の平日開催となった岐阜戦。

遠方のサポやお仕事を抱えてる方などは観戦が難しいでしょうが、逆に宇都宮での仕事帰り等、普段行かない方にスタジアムの雰囲気を味わって欲しいなと思いましたが、やはり、どうしても観戦者数が伸びないのは仕方ない所ですね。


最下位の岐阜相手にどんな戦いを見せるのか栃木イレブン。

■試合レポート

選手の入場

IMG_1148s

IMG_1161s

IMG_1159s


栃木ボールからのキックオフ。
IMG_1173s

前半立ち上がりからパスはカットされ、セカンドボールはことごとく拾われ、いい所のない栃木SC。


徐々に落ち着きを取り戻すものの、バイタルでの精彩に欠け、ゴールが決まらない。・・・ゴールが決まらないというよりは、シュートチャンスにパスを選択して奪われるパターンが非常に多かった。


スコアレスドローのまま前半終了


◆ハーフタイムコメント

●松田浩監督(栃木):
・優先順位を付けてしっかりディフェンスしよう。
・前線へのサポートを早くして、セカンドボールを拾おう。
・必ず勝とう。

●木村孝洋監督(岐阜):
・前半は良い入り方ができたので、続けていこう。
・長いボールが入ってくるので、しっかり処理すること。
・相手のセットプレー、ロングボールには注意しよう。


後半に入るとやや栃木ペースになってきたかなと思われたが、やはりセカンドボール奪取は岐阜の方が明らかに上回っており、栃木はプレーに迷いが多い。


後半21分に右サイドからのクロスに、2人つぶれた後、逆サイドから詰めていた嶋田がゴールを決めて0-1。またもや先制されてしまう。


後半30分に代志也を下げてサビア、河原を下げて廣瀬を投入。
IMG_1327s

和正ワンボランチのサビアトップ下という4-1-3-1の攻撃的システムに変更。やや攻勢を取り戻したものの、ゴールは決められず、後半42分には入江を下げて大和田を投入し、
IMG_1353s
パワープレーを仕掛けるが、得点には至らず、0-1で敗戦。これで4連敗。ホーム3連戦全敗となりました。



■感想


この試合を通じて一番感じたのは、あまりに岐阜のボール奪取率が高い事。岐阜は決して弱いチームではありませんが、この日のプレーを見ていても非常にミスが多く、楽にボールを運んでいる様には見えませんでした。栃木のプレーが精彩に欠けていたので、岐阜がよかったようにも見えますが、岐阜からの視点で見てもそんなに岐阜が圧倒していたようには見えません。


では、何故奪取率が高いのか。


栃木が上位にいた事で、当然そのスタイルを研究され、きっちりスカウティングされてしまったのではないかと。例えば栃木のゾーンディフェンスというのは、一見複雑そうに見えて、実はシンプルで、それでいて効果的で理にかなっているんですが、シンプルがゆえに、スカウティングされると選手の位置関係が読まれやすい難点があります。ボールがどこにあって、攻撃側の選手がどこにいると、栃木の守備の位置はこうなるっていうのがハッキリわかるんですね。


その辺が岐阜に読まれてしまっている為、パスがなかなか通らないんじゃないかと思いました。


それから、4-4-2のシステムにおいて、ボランチというのは非常に重要な役割をもちます。守備もできて、攻撃の基点となるプレーをしなければいけない。まあ、以前はここにボール奪取に長け、パスセンスのあるパウリーニョがいたんですが、岐阜戦では和正と代志也。二人ともボランチの経験があるとはいえ、本職ではありません。和正はもっと前で活かすべきプレイヤーだし、代志也もおそらくサイドハーフ向きかなと見ていて感じました。二人共にキックの精度は非常に高いと思いますが、ボランチに必要なのは全体の流れを読み、相手の逆を突ける動きをする事。そして味方選手の特徴を知った上での巧みなパスを出せる事。・・・昨年の11試合負けなしの時の悠介なんかはこの辺うまかったですよね。入江の特徴をうまく使ったパスを出せたのはすごかったと思います。


やはりボランチの本職が戻らない事には、いまいち攻撃のリズムが作れていないような気がしました。


今回、渡部が戻った事でCBは大久保渡部コンビでした。この二人は非常によかったと思います。


攻撃陣ではやはりロボが精彩に欠けてますね。惜しいシーンも見られたんですが、彼もなにか調子をつかめないでいる気がします。いいパスがこないのでイラついているという見方もありましたけど、ロボはいいボールこなくても、どんな角度からでも決める時はキッチリ決めてきた感があるので、相手に徹底的にマークされてるとはいえ、ちょっとここのところおかしいですよね。


河原や水沼はハードワークでいい仕事してると思います。入江もチャンスを作る動きできていましたが、やはり守備がちょっと軽いかなぁ・・・。赤井君もよかったんですが、守備時は簡単に振られちゃうシーンがありますね。ワンテンポ切り替えが遅いのかもしれません。


個人的にはここ数戦の動きでは大久保が上がったときにチャンスが見れる気がします。大久保SBでも面白いんじゃないかな。まあ、そうするとCBの要がいなくなっちゃうんですけどね(^^;


個々の戦力は劣っていません。監督や選手は「かみあっていない」という言い方してましたけど、おさるはメンタルだと思いますね。FC東京や千葉等の強豪に対して「負けないぞ!」という緊張感が今はなく、「負けたらどうしよう」というような緊張感があるような気がします。


「負けたらどうしよう」ではなく、「負けない!」という前向きの気持ちで戦って欲しいなと。

前を向いてプレーをする、前へビールを運ぶ。最後は必ずシュートで終わる。そういうシンプルなプレーを心がけて欲しいなと。


そしてやはりリスクを恐れない。リスクなしにはリターンはない世界。失敗したっていいじゃないか。何度でも挑戦しろよ。という様な気持ちで戦って欲しいなと。


あと、できれば本職のボランチに復帰して欲しいなと。本橋と小野寺。若しくは落合と小野寺でもいいかなと思うんですけどね。


もう、ここまできたら昇格どうこうではなく、順位も関係なく、一戦必勝の気持ちで戦って欲しいなと思います。


中2日で、もう明日はヴェルディ戦ですね。


なんとか勝利して不調の波から抜け出して欲しいなと思います。


頑張れ栃木SC。


・栃木サッカークラブ宇都宮地区後援会ブログ ~第5節FC岐阜戦試合結果
http://blog.livedoor.jp/tochigisc_kouenkai/archives/85760.html


以下おまけ画像
IMG_1187s

IMG_1197s

IMG_1205s


IMG_1224s

IMG_1231s

IMG_1236s

IMG_1242s

IMG_1247s

IMG_1267s

IMG_1283s

IMG_1311s

IMG_1322s

IMG_1343s

IMG_1385s