震災の影響で今期初対戦となるロアッソ熊本。(なので、来月19日にアウェイでの再戦が控えてます。)


熊本の監督はご存知「アジアの大砲」高木琢也監督。


松田監督とは、お互いに現役時代にチームメートとしての接点があります。松田監督がディフェンダー(CB)、高木監督がフォワードという関係でした。しかも、出身地が同じ長崎県という、ちょっとした縁がある指揮官同士の対決となります。



熊本は4-4-2が基本でしたが、前節までの10試合で1勝しかできていない状況で、高木監督は4-3-2-1という中盤を厚くするシステムに変更し、見事鳥取から2-0という完封での勝利を収めました。しかも、1トップには初先発のソンイニョンを使うと。


サッカーの大原則に、「勝利した試合の次の試合はメンバー・システムをいじらない」と言うことがあります。栃木戦もおそらくこの布陣でくる事が予想されます。


昨日、祝日だったのでちょっと空いた時間に栃木SCの練習を見てきましたが、ものの見事にこの4-3-2-1対策の練習をしてましたね。具体的な内容は書きませんけど、公開練習でここまでやっていいの?というようなポジショニングについての細かい指示も出てました。


高木監督は代表時代はカズや中山ゴンを抑えて、堂々のエースストライカーでした。その為か攻撃的なサッカーをしてそうに思われがちですが、横浜FC監督時代は"ハマナチオ"と呼ばれるくらい、全員守備のカウンター狙いという、栃木に似たような所もあるのが特徴です。実際に熊本のサッカーを見ていてもわかりますが、守備的でカウンター狙いのサッカーをしてますよね。(もっとも、J2のサッカーって"守備からカウンター"のサッカーが多いんですけど)


順位こそ12位と低迷していますが、失点が少なく、負け試合も非常に少ない(その代わり引き分けが多い)チームで、決して弱いチームではありません。


しかし、鳥取戦の録画もみましたが、熊本はディフェンスのところでスペースが空くこと、前半に2点先制した以降、特に後半は完全に鳥取ペースになってしまっていた事を考えると、鳥取の決定力不足に助けられた感もあります。


それを考えると、栃木も決定力がいまいちな所もあるので、なんとかロボが輝きを取り戻して得点力をあげて欲しいなと思います。水沼も戻ってきますし、裏への飛びだしで相手のスペースをついてバイタルを崩せればと思います。


そして、とにかくミスを減らす事。きっちりパスを繋ぐことに尽きると思います。
シュートの精度はもう練習であげていくしかないですけど、きっちり丁寧にプレーをすれば、ミスも減ると思います。


ここで負ければ、昇格はほぼ絶望的となります。(可能性はのこりますが、一般的に考えれば難しいでしょう)


誰もが背水の陣の気持ちで危機感を持って戦って欲しいと思います。


ブーイングに睨みつける気持ちがあるならプレーでそれを示して欲しいと思いますね。プロのサッカー選手なんですから、サッカーで示さなきゃ。


熊本は弱い相手ではないですが、今の栃木の戦力、チーム力でしっかりと戦えば勝てない相手ではないと思います。



また、熊本戦観戦でグリスタにいらっしゃる皆さんは、長袖やジャージ等、一枚多めに持って行ってください。この時期は暗くなるとかなり冷え込みます。昼間暑いからと、いままでの様にTシャツやユニフォーム1枚でいると耐えられないほどの寒さになりますので、十分注意してください。

懐中電灯もあれば、帰りの歩きが安全になります。


寒さ対策をしっかりして、スタジアム観戦を楽しみましょう。


チャンスには頑張れと声を出してあげてください。

ピンチの時は手拍子してあげてください。

皆さんの声援が選手の力になります。

全員で勝利しましょう。

頑張れ栃木SC!

■イベント情報
http://www.tochigisc.jp/news/article/00002769.html

■飲食売店情報
http://www.tochigisc.jp/news/article/00002798.html

■明日は栃木SCのシャツ着用または、栃木SCグッズ持参して元気寿司行くと10%引きになります!
http://www.tochigisc.jp/news/article/00002797.html