やはりサッポロはポジショニングのしっかりしたチームで前線からの素早いプレス。そしてショートパスで前へと繋いで行くサッカー。ジオゴ、内村、近藤が球際の強さを発揮し、きちんとボールを運んでフィニッシュまで持っていけるというね。そんなチームでした。

栃木は守備に関してはよかったと思います。しっかりーコースを切って、裏を取らせなかったし、なにより、武田のスーパーセーブもあって、非常によかったんじゃないかと。それだけに、開始直後のセットプレーからの失点は痛かったかなと。

今回、パウリーニョを欠いての試合でしたけど、パウがいなければいないなりに、こういうサッカーができるんだっていういい試合だったと思います。


前半は押し込まれてましたけど、後半は逆に押し込んでましたし、あとはフィニッシュですよね。バイタルでこねくり回してる印象ありましたけど、もっとシュート意識もっていいんじゃないかと。コース消されてるから誰かに回す・・・というのはわかるんですが、相手はコースを消す為にポジショニングしてるんで、そこを『邪魔だそこのけ!俺が行く!』くらいのエゴイスティックにシュートまでもっていっちゃう気概が欲しいかなと。


そしてやっぱり、ロボは足元でもらいたがる選手なので、ロボに放り込んだのでは、ボールを落ち着かせようとしちゃってシュートまで持っていけなかったり、ふかしたりしちゃってる感じでしたよね。


代志也のボランチはよかったと思います。つか、彼はボランチタイプですね。右SBはイマイチでしたし、ボランチの方がいいですよ。もう少し攻撃意識を持ってもよかったかなとは思いますが、いい仕事してたと思います。ただ、パスやクリアが弱いのが気になりました。決してキック力がないわけじゃないので、気持ちの迷いがキックにでちゃったのかなと。

後半に和正がボランチで河原がサイドに入りましたが、あくまでオプションの1つで、和正はやはりサイドか、栃木にはないシステムですけど、トップ下がいいですよね。和正をボランチにしたのではもったいない。

その河原も悪くはないんですが、一昨年みたいに『俺が何とかする!』くらいのエゴを出して欲しかったかなと。

後半、渡部が負傷交代してしまいましたけど、大久保と共に守備の要だっただけ非常に心配ですね。


まあ、結果は負けてしまいましたが、極端に内容が悪かったというような試合じゃなかったですね。フィニッシュの問題だったかなと。あとはやはり勢いにのっている札幌。非常にうまいサッカーをやるなという印象で、強いチームだなと思いました。そういうチームに流れからでは失点してませんし、後半は押し込んでましたし、ほんのタイミングの差で負けちゃっただけの試合だったかなと。


気持ちを切り替えて次節からのホーム3連戦を3連勝して再び首位に立ちましょう。


次節の研究の為にも、今から富山戦観戦です(笑)