さて、札幌戦です。

IMG_7843s


札幌の特徴はショートパスで繋ぐサッカー。縦への意識が強い印象ですね。


ワントップのチームなので、守備に人数をかけ、中盤が積極的にプレスに行き、ディフェンス陣のポジショニングがうまく、コースやスペースを消す動きがいい。


そしてワントップを担当してる新加入のジオゴ。高さもあり、フィジカルも強しでいい仕事してるんですね。前節水戸戦でも早い時間に得点を決めています。


とにかく今期はディフェンス陣のポジショニングがうまい印象ですね。全体的にかっちり的確にポジショニングしているっていう印象で、そういう意味で守備的な印象をうけました。


そして何より、ジオゴが加入して以降連勝でここまできており、非常に勢いにのっているチームです。栃木との勝点差はわずかに2点。今節でひっくり返す事も可能という事で、札幌にしてみればホームだし、モチベーション高くしてくるのは間違いないですね。



対する栃木は、中盤の底で圧倒的な存在感を示していたパウリーニョが怪我で離脱しており、これまでの対戦で勝利した事のない相手に対し、真価が問われるゲームとなりそうです。


特に引いた相手に対してなかなか攻めきれないゲームが続いており、また、カウンターでサイドから展開されてしまうケースが多く(サイドの守備が軽い?)、札幌みたいなスタイルでサッカーをする相手にはてこずりそうです。

ロボとサビアの爆発。若しくはクンシクの完全復帰で大量得点を奪えるか。サイドからの展開でかきまわす事ができるか。パウリーニョの代わりのボランチは誰が入り、どうバランスを形成して行くのか。ディフェンス陣は大久保を中心として、いつもの鉄壁の守備ができるのかどうか。


その辺を注目してみてみたいなと思います。


また、個人的に2009年のシーズン終わりに、『都倉か内村が栃木にこないかな・・・』などとさかんに言っていたくらい、内村は好きな選手ですし、逆に栃木は内村にやられている印象が強いんですが、彼との対戦も楽しみであり、恐怖でもあります。内村は要注意ですよ。



全く関係ないですけど、来年J1上がったらフォワード強化で都倉呼んでくれないですかね。イケメンだし、献身的なプレーは栃木に合ってると思うんですけどね。高さもあってポストもできるし。都倉みたいなタイプの選手いないですし。


ということで、今節も頑張れ!栃木SC!