P1020240s
フリ丸にレモン牛乳持たせたの誰?w



松田監督のポリシーであるゾーンディフェンス。ボールを中心とした選手の位置関係をゾーンで設定。


相手がサイドから上がってきたら、そのボールホルダーと対峙し止めるサイドバック。それをカバーするボールに近い方のセンターバック。中央から上がる相手FWを阻止するもう1人のセンターバック。DFがストップさせているボールホルダーからボールを奪うために中盤からプレスバックするMF。相手に対してではなく、ボールに対して各々の選手の位置関係や役割を設定する。


ボールを中心にしたゾーンに守備者が密集してプレスをかけるので"ゾーンプレス"という。

松田監督は"相手が人数をかけようが慌てる事はない。なぜならボールは常に1つなのだから。"という至極単純明快な守備戦術をすすめています。


ただ、このゾーンディフェンス。弱点もいろいろある。1つはおさるがよくツイッターでコメントしてるんですけど、ボールを中心としたゾーンに密集してしまう為、その他のゾーンを捨ててしまう事が多い。例えば、相手がサイドに張った場合、反対サイドは完全に捨ててるわけです。テレビだとボールを中心に放送するので分かりにくいですが、スタジアムだとよく分かります。相手がサイドギリギリで上がってきた場合、逆サイドの選手が完全にフリーになっています。


まあ、これも松田監督に言わせれば、"サイドチェンジされたら、またそこのボールを中心にゾーンディフェンスすればよい。サイドチェンジは時間もかかるわけだから"と。


今まで見てきて、J2下位レベル(あえてどことは言いませんけど)には通用するけど、上位チームや今回の横浜FCみたいに、きっちりポゼッションしてサイドチェンジで揺さぶるのを得意とするようなチームには通用しないのではないかと思っていました。


それからボールを中心としたゾーンで選手の位置関係を設定するので、スカウティングされると攻略されやすい。こう攻めるとこういう風に選手の位置関係を設定するぞと。それが分かってしまえば裏をつけばいい。もちろん裏を突いたからといって簡単に崩せる物でもないですけど。


横浜FCの岸野監督が試合後のインタビューで話していたのはまさにその事で、完全に攻略されてましたし、他チームの監督も気づいてはいるでしょう。


ゾーンディフェンスにはマンツーマンディフェンスにはない素晴らしさがある一方で、弱点もある。どんな戦術にも利点と欠点が必ずあるということですね。



というわけで、向かえたアウェイ横浜FC戦。


個人的に三ツ沢には昔よく通っていたので"勝手知ったる他人の家"って感じです。


最近嬉しく思うのは、サポーターの栃木SCに対する愛情度が年々と強くなっているなと感じる事。

三ツ沢はアウェイとしては程よく近い距離。だからといって誰も彼もが簡単に行けるという程近いわけではない。

JFL時代なんか殆どいなかった三ツ沢ビジター席が、Jに上がって初年度、2年目そして今回と年々見てきて、年々増えているというのは単純に嬉しいし、仲間意識というか"俺達の仲間がこんなにいっぱいいるんだ!"という心強さはありますよね。これは選手にも当然伝わっているはずです。


多くの仲間と向かえた一戦。


おさるの見ていた位置からの動画。


入場後、横浜FCに加入した"魔術師"フランサが挨拶にきていました。今回のベンチ入りはなかったようです。

P1020234s

両チームのスタメンが発表され、選手が入場。

■栃木SC
GK 21 武田 博行
DF 19 赤井 秀行
DF 3 大久保 裕樹
DF 4 大和田 真史
DF 6 入江 利和
MF 14 水沼 宏太
MF 7 パウリーニョ
MF 5 落合 正幸
MF 16 杉本 真
FW 8 廣瀬 浩二
FW 50 サビア

<控え>
GK 1 柴崎 邦博
DF 23 渡部 博文
DF 24 那須川 将大
MF 10 高木 和正
MF 11 河原 和寿
MF 15 鴨志田 誉
MF 17 鈴木 修人

<監督>
松田 浩


■横浜FC
GK 31 関 憲太郎
DF 2 柳沢 将之
DF 27 朴 台洪
DF 26 中野 洋司
DF 16 宮崎 智彦
MF 39 藤田 優人
MF 6 高地 系治
MF 24 荒堀 謙次
MF 13 野崎 陽介
FW 9 難波 宏明
FW 10 カイオ

<控え>
GK 1 シュナイダー 潤之介
DF 20 渡邉 将基
DF 28 森本 良
MF 40 小野瀬 康介
FW 11 三浦 知良
FW 25 藤田 祥史

<監督>
岸野 靖之

IMG_9352s

IMG_9361s


18:03横浜FCボールからのキックオフ。
IMG_9370s

序盤よりポゼッションでガンガン攻め上がる横浜FC。水戸戦で見られたような中盤のスペースは消え、コンパクトに繋げ、またサイドをうまく使うといった印象。

あーやばいなーと思っている間もない、開始直後の前半5分。横浜FC野崎がサイド深くまで進入し、あげたクロスを難波が決めて先制点を取られます。

このシーンの直前、ボールがタッチラインを割った用に見えたんですが(おさるの目の前の出来事だったのでよく見えました)、審判の笛はならず、武田もアピールしてましたね。ちょうど液晶ビジョンにゴールシーンの映像が流れて、「ほら見てみろよ!」的にアピールしてました。

その後も完全に横浜FCに攻略されていた感がありながら、前半終了。前半は栃木のシュート数も少なかったと思います。

IMG_9455s
後半5分に廣瀬を下げて河原が入ると、栃木も息を吹き返します。チャンスも多く見られ、シュートシーンも倍増したんですが、いかんせんフィニッシュの精度が・・・。横浜のCBのマークがうまくシュートコースをふさいでたって事もあるんですが、なかなか得点に結びつかない。


そうこうしているうちに後半26分と29分に立て続けにキャプテン落合がイエローをもらって退場となります。
IMG_9553s
これは痛い。しかし1枚目は分かりますが2枚目はやや不可解なジャッジでしたね。

それに、審判もイエローだしてから「あ、!お前2枚目だったな!」と思い出した感じで慌ててレッドを出したような印象を受けました。

その後の終了間際の大和田への肘うちも見逃されたし、今回審判最高じゃなかった?


オチの退場でシステムの変更。杉本が下がり鈴木修人がはいる。
IMG_9568s
後半40分に赤井を下げ渡部投入。大和田を前線に張ってのパワープレー。

後半は攻めに攻めたんですが、決定力はいかんともしがたく、逆に後半ロスタイムにカウンターからカイオに決められ0-2。万事休す。

それでもカワが必死にボールを追いかけますが、無常にもホイッスルが鳴り響き試合終了。

久しぶりの敗戦。


前節鳥取戦、前々節岡山戦、もっと言えばその前の岐阜戦、鳥栖戦、京都戦と中身は全く同じ印象。"サイドの守備が軽い"ことと"決定力不足"が栃木が圧勝できない部分じゃないかと思います。今まで負けなかったのはたまたま相手に決定力がなかったりポストに救われたりして無失点が続いた事、栃木も決定力不足の中でやっと得点できたラッキーな1点を守りきって勝った様な事が多く、薄氷の勝利であったことは否めないと思います。


今回、サイドバックは入江と赤井でサイドハーフが杉本と水沼でしたけど、彼らがどうこうではなく(彼ら自身は特に攻撃に関する動きは秀逸でしたし、彼らの役割はそこだと思います。車の整備が得意だからカーレースの運転もうまいということはないように、それぞれの特徴や役割があると思います。)、なんとなく戦術的な問題なのかもと今回観てて感じました。あまりにサイドの守備が軽すぎるように感じるんですよね。前述した様に栃木はボールを中心としたゾーンディフェンスで、サイドを抜かれてもボールを中心としたゾーンを設定できれば怖くないわけです。サイドを抜かれても慌てる必要もないわけです。・・・でも、あまりに抜かれすぎてないかな?と。


ゾーンディフェンスが悪いとかではなく、前述した様にどんな戦術にも利点と欠点があるので、栃木流のゾーンディフェンスの欠点をつかれてしまったのかなと、ふと思いました。



そして、決定力不足。


松田監督は決定力は水物みたいにいいますけど、おさるは栃木の現状は練習不足だと思います。

そりゃもちろん、決定力というのは才能もあるし運もあります。


でも、例え練習であってもゴールする感覚を磨いていれば、とっさのチャンスでも生かせるはずです。最近平出にいってないのでわかりませんけど、どれだけの選手がシュート練習をしているのかなと。或いは全体練習の後、どれだけ残ってシュート練習の居残り練習をしているかなと。

昔は優作さんとか聡とか賢太郎とかよく居残りでシュート練習をしていたのをよくみかけました。ゴールの感覚をイメージして体に焼きつけておくんですね。もちろん、練習が終わって体をケアする事も大事ですので、居残りするのが偉いとは言いませんし、練習が終わってすぐにクールダウンすのもプロだと思います。でも、プロであるならばそれくらいの練習をしていてもいいんじゃないかなと。


あまりにチャンスにゴールできないシーンが多すぎる。代表の香川とは言わないけど、チャンスに決める力をもっとつけて欲しいと思います。FWだけではなく、MFもDFも全員にです。


練習してイメージできていないからメンタルがどうこう言い訳してるんじゃない?もう、目をつぶってもゴールできるよくらいに身につけて欲しい。試合開始前のシュート練習(GKなし)で半分近くゴールはずしてるじゃんか。キーパーのいないゴールに打って何ではずすんだよ。練習で入らないのに、どうやって本番で入るんだよ。本番にチャンスなんてそう何度もないんだから。そう何度もないチャンスシーンで確実に決めるくらい身につけるのがプロじゃないか。



と厳しい言い方をしましたけど、今まで薄氷の勝利であったように、逆に言えば今回は薄氷の敗戦であったと思います。FWにターゲットとなる選手がいなかった事(クンシクとか)、決定力もあり、相手に恐れられる存在のロボがいなかった事、今回の2失点目はリスクを犯してまで攻撃に人数をかけた(しかも、1人人数少ない中で)パワープレー中のカウンターで起こった失点である事。

栃木の守備が崩壊したり、相手に圧倒されたのではなく、薄氷の引き分けや勝利が続いた中での敗戦なので、そう悲観する事もないと思います。あとはサイドの守備の軽さをどうするか。決定力不足をどうするかということで激的にも変わって行くんじゃないかなと思います。


次節はFC東京戦。


実はおさるは鳥栖戦の翌日7/17(日)に味の素スタジアムでFC東京対FC岐阜の試合を観戦しました。

FC東京はCB今野のカバーリング能力がハンパないので、サイドの選手が全員上がってカウンターくらってもびくともしない印象を受けました。そのサイドの選手もスピード、フィジカル、キック精度、どれをとってもレベルが違い、化け物チームだなと感じました。まあ、敗戦の続いていた岐阜相手だったからと言う事もあるかも知れませんが、あまりにサッカーのレベルが違うなと、ついでに言えば観客の動員もレベルもすごいなと思いました。

FC東京をどう攻略するか。


今回の敗戦を生かして次節に必ず繋げて欲しいと思います。


がんばれ!栃木SC!


以下おまけ画像。
IMG_9395s

IMG_9399s

IMG_9422s

IMG_9424s

IMG_9428s

IMG_9437s

IMG_9472s

IMG_9498s

IMG_9505s

IMG_9513s

IMG_9516s

IMG_9585s

IMG_9587s

IMG_9601s

IMG_9609s

IMG_9611s

IMG_9654s